ブログトップ

★お散歩日和★ ~ご当地紀行~

「ずっと一緒に」絶たれた夢 東名事故で犠牲の2高校生

 思いを寄せあう高校生のふたりが事故に遭ったのは、約束していた東京ディズニーランドへの卒業旅行の帰り道だった。愛知県豊橋市の東名高速道路で今月15日に起きた多重衝突事故。「ずっと一緒に」。誓い合った将来は、一瞬で絶たれた。

 「お互いに好きだってわかったんだ」

 桐林史樹(ふみき)さん(18)=同県春日井市=が、母親のまゆみさん(44)に、そう打ち明けたのは昨年1月のことだった。史樹さんは至学館高校(名古屋市東区)の野球部に所属。前年秋にエースの座をつかみ取った。

 相手の糟谷(かすや)知世さん(17)=名古屋市港区=も、同じ高校の陸上部でリレー選手を務め、1年生からインターハイに出場したアスリートだった。そんな2人は「メル友」で、メールを交換するうちに気持ちが通じた。

 ただ、陸上部では恋愛は禁じられていた。「部に迷惑はかけられない。引退するまで待って」。そう願う知世さんの気持ちを尊重し、史樹さんは思いを抑え、学校では声をかけることもがまんしていたと、まゆみさんは言う。

 昨年7月10日。史樹さんの誕生日に、知世さんはメッセージカードを贈った。マウンドでサイドスローを繰り出す史樹さんの写真をハート形に切り抜き、《うちの好きな人》と書き添えた。《史に出逢えてほんとうによかった! ずっと一緒におろうね》。文末には、卒業旅行で東京ディズニーランドに行こう、と記した。

 その月にあった全国高校野球選手権愛知大会。史樹さんは直前に調子を崩し、エース番号こそチームメートに譲ったが、3回戦まですべての試合に登板し、エース格の活躍を見せた。

 4回戦。力投する史樹さんを、知世さんはスタンドから見守った。逆転を許して敗れ、試合後に泣きじゃくる史樹さんに、知世さんはよそよそしく振る舞った。「まだ、しゃべっちゃだめだ」と史樹さんから言われていた。

 秋になって知世さんが陸上部を引退すると、ようやく交際が始まった。史樹さんが初めて家に連れてきた知世さんに、まゆみさんは「笑顔のかわいい子」と好感を持った。「駅まで送る車の中でずっと楽しそうに話しているのを見て、本当にお互いが好きなんだなって思いました」

 今月12日、知世さんの母ゆかりさん(47)の付き添いで、ふたりは乗用車で約束の卒業旅行に出かけた。よほど楽しかったのか、メール好きの史樹さんからまゆみさんに連絡はなかった。帰る予定の15日にまゆみさんが史樹さんにメールを送ると、昼に「これから帰る」と返信が届いた。それが、最後の便りとなった。

 一緒に命を落としたゆかりさんは、史樹さんをかわいがった。ゆかりさんから「耳があなたに似ている」と贈られたガラス製の猿のキーホルダーを、史樹さんは大事に枕元に置いていた。

 「彼女ができるか心配していたら、ちゃんと好きな子ができて安心していた」。まゆみさんは遺影を前に、振り返る。「これから2人でいろんなところに行きたかっただろうに……」

 史樹さんと知世さんは至学館大に進むはずだった。28日には高校で卒業式がある。まゆみさんは夫の和弘さん(49)とともに、史樹さんに代わって卒業証書を受け取る。(工藤隆治、黒田悠水)

    ◇

 〈東名高速3人死亡事故〉 2月15日午後5時すぎ、愛知県豊橋市の東名高速道路下り線で起きた。渋滞で止まっていた乗用車にトラックが追突し、乗用車に乗っていた史樹さんと知世さん、知世さんの母ゆかりさんが死亡、運転していた知世さんの叔母(44)もけがを負った。他に計3台が巻き込まれ、乗っていた計5人も負傷。愛知県警はトラックの運転手を自動車運転過失致死傷容疑で逮捕し、事故の原因を調べている。
.
by hata_28ych | 2011-02-28 01:31 | 高校野球 | Comments(0)

∵*:.゜..゜.:*∵日々の出来事を綴るブログ。。。山手の丘から愛を込めて(*uωu*)∵*:.゜..゜.:*∵
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31