ブログトップ

★お散歩日和★ ~ご当地紀行~

球団名は横浜モバゲーベイスターズに決定

 横浜の来季からの新球団名が「横浜モバゲー・ベイスターズ」となることが23日、決定的となった。球団をTBSホールディングス(HD)から買収するディー・エヌ・エー(DeNA)社が、運営する携帯ゲームサイト「Mobage(モバゲー)」の名称を冠する方向で調整しているもの。両社は28日に球団譲渡成立を正式発表する予定だが、その席で新しい球団名が披露される可能性が高い。

 横浜が、新たな名前で船出することが分かった。関係者の話を総合すると、D社は自社の名称ではなく、看板事業である「Mobage(モバゲー)」をチーム名に冠する意向を持っているという。世間にも「DeNA」より「モバゲー」の方が浸透度は高い。新規参入において、親しみやすさはファンに訴える大きな武器になる。

 横浜は1949年に「大洋ホエールズ」として創設以降、改称を何度も繰り返してきた。地域密着を掲げ現在の「横浜ベイスターズ」となったのは92年。02年に親会社となったTBSHDは企業名は入れなかった。仮に名称変更となれば19年ぶりのこととなる。

 「Mobage」は06年に「モバゲータウン」として設立され、今年3月に現在のものに改称した。今や会員数は3000万人を突破し、同社の“金看板”となった。海外での事業展開にも積極的で、着々とグローバル企業へと成長している。チーム名に「モバゲー」を組み込むことで、さらに知名度が増すことは間違いない。

 球団名については、球界の“不文律”をクリアする必要がある。巨人・渡辺恒雄会長が過去に、「仮にモバゲーに決まった場合、あれは商品名なんだ。企業名がいいよな。ソフトバンク、オリックス、楽天みたいにな。商品名でやったら、例えばそのへんで花王石鹸とかな、商品名の宣伝に球団を利用されちゃ困る」と発言した。協約で明確な規定はないものの、これまでの球界の慣例では、「モバゲー」をチーム名とするのはためらわれるところ。D社は今後に「モバゲー」の名前を入れたゲームソフト制作の子会社を設立し、傘下の一部門として球団を運営する方針だという。渡辺会長は「企業名を(モバゲーに)変えるとしたら、そこまで文句はつけられない」とも話しており、その問題も、新会社設立で解決できる。

 D社とTBSHDは、ドラフト会議の翌日の28日に臨時の取締役会を開いて正式に球団譲渡の成立を発表する。当日にNPBへ提出する新規参入の申請書へも「横浜モバゲー・ベイスターズ」の名前が記入される見通し。ユニホームのデザイン変更などは今後、順次検討していくことになる。




“モバゲーベイスターズ”はNG!? 横浜のディー・エヌ・エー社への譲渡が決定した場合、球団名に同社が運営する携帯ゲームサイト「モバゲー」を使用するのは難しい状況のようだ。24日、楽天の井上オーナー代行は「昔、ソフトバンクがヤフー(ホークス)でやりたいと言ってきたときにNPBは却下していた事実がある」と過去の事例を持ち出した。仮にD社が「モバゲーベイスターズ」を申請してきても、反対意見が出そうだ。

(2011年10月25日).



横浜の球団買収に乗り出しているゲームサイト「Mobage(モバゲー)」の運営会社ディー・エヌ・エー(DeNA)の春田真会長が25日、東京・渋谷区の同社で取材に応じ、現本拠地の横浜に密着した球団経営を行っていく考えを示した。

 市場の大きさ、利便性や地域の愛着などを理由に挙げ「あえてそこから出たいとは誰も思わない」と断言した。球団名や監督人事については今後の話としたが、長期保有の意向もあらためて強調した。

 交渉状況や発表時期に「分からない」を繰り返した春田会長が、本拠地に関するスタンスは明確に示した。「横浜というのは僕自身も好きだし、魅力的な場所。商圏だって大きいし、経済圏としても当然ながら大きい。あえてそこから出たいとは誰も思わない。物理的なことを考えても(会社は)東京にありますし、近い方がみんなも喜ぶ」。移転の選択肢は頭になく、将来的にも本拠地は横浜とする考えを強調した。

 監督については「人事なんで、すぐにどうこうという話ではない」と白紙を強調。球団名に関しても「まだお話しできません」と口をつぐんだ。それでも28日とみられる正式発表については「どっちやねんというのは僕は好きじゃないので、早めにできるようにはしたいです」と話した。

 [2011年10月26日9時16分 紙面から]
by hata_28ych | 2011-10-26 23:06 | プロ野球 | Comments(0)

∵*:.゜..゜.:*∵日々の出来事を綴るブログ。。。山手の丘から愛を込めて(*uωu*)∵*:.゜..゜.:*∵