ブログトップ

★お散歩日和★ ~ご当地紀行~

地井武男さん死去 70歳心不全

 「北の国から」、「太陽にほえろ!」などテレビドラマや映画で活躍した俳優・地井武男さんが29日午前7時ごろ、心不全のため都内の病院で死去した。70歳だった。葬儀・告別式は近親者のみで行う。シリアスな役からコミカルな役までを幅広く演じ、バラエティーでも「ちいちい」の愛称で人気を博していた。

 老若男女から愛された名優が天国へ旅立った。地井さんは約1週間前に都内の病院に検査入院。その後容体が悪化し、29日午前7時半ごろ、家族にみとられながら息を引き取ったという。

 1942年、千葉県出身。68年「斬る」で映画デビューし、渋い脇役として人気を博した。「太陽にほえろ!」では刑事役と殺人犯の両方を演じ、「北の国から」では田中邦衛(79)演じる主人公・黒板五郎の友人役の中畑和夫を演じた。

 私生活では、74年に結婚した前妻の佐和子さんを01年6月に乳がんで亡くした。「北の国から2002・遺言」では、地井さん演じる中畑が、五郎に妻ががんで余命宣告されたことを打ち明けるシーンがあった。撮影の数カ月前に妻を失っていた地井さんは、大量の涙と鼻水を流しながら迫真の演技を見せた。

 前妻を亡くした3年後の04年には、12歳下の元モデルと再婚。「ウフフ、ヘヘヘヘ。自分の中にろうそくの火のような青春が残ってたんだなあ」と喜びを語っていた。近年はバラエティー番組にも進出。「ちいちい」の愛称でお茶の間に癒やしを与えた。

 96年に狭心症を患った地井さんは、今年1月30日に「目が見えにくい」と訴え、都内の病院に入院。精密検査で心臓に疾患が見つかり、療養生活に入った。以後は入退院を繰り返し、テレビ朝日の冠番組「ちい散歩」(関西は放送なし)は、志なかばで5月4日の放送を最後に打ち切りとなった。

 散歩する姿は、最近まで東京・世田谷の自宅マンション近辺で目撃されていた。近所に住む女性は「“いつもテレビ見てます”と言うと、ニコッと返してくれました」と早い死を悲しんだ。「ちいちい」の人懐っこい笑顔はもう帰ってこない。
by hata_28ych | 2012-06-29 23:50 | 日常 | Comments(0)

∵*:.゜..゜.:*∵日々の出来事を綴るブログ。。。山手の丘から愛を込めて(*uωu*)∵*:.゜..゜.:*∵
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31