ブログトップ

★お散歩日和★ ~ご当地紀行~

中央大教授刺殺 

中央大教授刺殺 犯人は大学内に精通? 階段に血痕、逃走路か
1月15日20時37分配信 産経新聞



拡大写真

一夜明け、キャンパス入口では登校する全学生に対し学生証の提示を求めた=15日午前9時21分、東京都文京区(矢島康弘撮影)(写真:産経新聞)

 中央大学後楽園キャンパス(東京都文京区)で理工学部教授の高窪統(はじめ)さん(45)が刺殺された事件で、殺害現場となった1号館4階男子トイレから中央階段にかけて微量の血痕が残っていたことが15日、警視庁富坂署捜査本部の調べで分かった。1号館にはエレベーターもあるが、犯人は返り血を浴びたまま階段で逃走した可能性が高い。人目の多い昼間のキャンパスで、高窪さんは出勤直後の約10分間に襲われたとみられるが、有力な目撃は今のところ1件。捜査本部はキャンパス構内や高窪さんの行動に詳しい人物の犯行とみて、犯人像の絞り込みを急ぐ。

 ■迷わず選ぶ?

 高窪さんは14日午前10時20分ごろ、トイレの小便器近くでうつぶせに倒れているのを、20代の男子留学生に発見された。背中や腹など十数カ所を執拗(しつよう)に刺されており、周囲には血だまりが広がっていた。留学生は高窪さんを発見する直前、20~40歳で身長170~175センチ、黒っぽいニット帽に黒のコート、眼鏡姿の不審な男とすれ違っていた。

 「男はその後、エレベーターには乗らず、中央階段に向かったようだ。足早に立ち去る感じだった」

 留学生は捜査本部の事情聴取にこう説明した。1号館4階は中央部分に階段、廊下を挟んだ向かい側に男女のトイレとエレベーターがあり、左右の廊下沿いに研究室が並ぶ。血痕はトイレから階段方向にまっすぐ続いており、逃走経路にエレベーターではなく迷わず階段を選んだとみられる。

 ■空白の10分間

 高窪さんは午前10時40分から2時限目の講義が入っていた。自宅を午前9時ごろに出て、午前10時ごろに1号館1階で研究室の鍵を受け取っている。

 前日から4階の研究室に泊まり込んでいた男子学生(21)は午前10時5分ごろ、トイレに行こうとして廊下で高窪さんを目撃した。「研究室の鍵を持っていて、特に変わった様子はなかった」。高窪さんは鍵を手に研究室に向かうところだったとみられる。

 別の4年生の男子学生(22)は午前10時10分ごろトイレに入ったが、個室はすべて開いており、待ち伏せしているような人の気配はなかったという。

 こうした証言から、犯行時間帯は午前10時10分ごろから留学生が高窪さんを発見する午前10時20分ごろまでの約10分間とみられる。「講義日程などの高窪さんの行動パターンを把握し、トイレ付近で待ち伏せするなどして突然襲った可能性がある」(捜査関係者)

 学生らによると、1号館の出入りは自由だが、限られた学科の研究室があるだけで、見知らぬ人物がいれば目立つという。

 ただ、不審な男の目撃情報は留学生の1件だけにとどまり、この留学生も含めて高窪さんの悲鳴や叫び声を聞いた学生はいない。事件当時、4階には複数の学生がいたことから、事件前後に犯人を目撃している可能性もあり、捜査本部は聞き込みを続けている。

 ■足取りは?

 キャンパスを出た後の犯人の足取りもはっきりしていない。

 大学から北西に約200メートル離れたコンビニエンスストアの防犯カメラには、留学生が目撃した男に似た黒い服の人物が、店の外を大学から池袋方向に歩いていく姿が写っていた。

 そのコンビニから北西に1キロで東京メトロ茗荷谷駅、南に約1キロでJR飯田橋駅につながり、コンビニ前の国道にはバスが走っているため、逃走経路は無限に広がる。捜査本部は、大学からしばらく徒歩で逃走した可能性もあるとみて、大学周辺の防犯カメラの解析を急ぐ。

 一方、大学を挟んでコンビニと真逆の東京メトロ後楽園駅では、男子トイレの大便器に血痕が付着しているのが見つかっている。

 犯人が高窪さんの返り血を浴びた衣類を着替えた可能性もあり、捜査本部で血痕の鑑定を行うなど関連を調べている。トイレが駅改札を通過した中にあるため、犯人が地下鉄で逃走した疑いも視野に入れている。

 「怨恨(えんこん)の線は捨てきれないが、今のところ高窪さんをめぐるトラブルは見当たらない」と捜査幹部。現段階で犯人像は絞り切れず、恨み以外の可能性も視野に捜査している。

東京都文京区の中央大学後楽園キャンパスで同大理工学部教授の高窪統(はじめ)さん(45)が刺殺された事件で、殺害現場の1号館4階の男子トイレから中央階段にかけて微量の血痕が残っていたことが15日、警視庁富坂署捜査本部の調べで分かった。高窪さんの返り血を浴びた犯人が階段で逃走したとみて、血痕の鑑定とともに逃走経路の絞り込みを急いでいる。



関連記事
中大教授刺殺 恨み?執拗に背中刺す
中央大トイレで刺されたのは男性教授か…
記事本文の続き 一方、キャンパスから北西に約300メートル離れたコンビニエンスストアの防犯カメラに、店の外を大学の方から池袋方面に向かって歩く黒い服の男が犯行時間帯後に映っていたことが判明した。

 高窪さんが発見される直前にトイレから立ち去った黒のニット帽に黒のコート、眼鏡姿の不審な男に特徴が似ていることから、捜査本部は男が犯行後しばらく徒歩で逃走した可能性もあるとみて、さらに周辺の防犯カメラの解析を進める。

 調べでは、高窪さんは14日午前10時20分ごろ、1号館4階の男子トイレの床で、背中などから血を流し、うつぶせで倒れているのが見つかった。背中や胸、腹など十数カ所を執拗(しつよう)に刺されており、死因は失血死だった。凶器は片刃の鋭利な刃物とみられるが、発見されていない。

学生たちから慕われる教授は、なぜ殺害されなければならなかったのか。東京都文京区の中央大後楽園キャンパスで14日の白昼、凶刃に見舞われた同大理工学部教授の高窪統(はじめ)さん(45)。「人当たりが良く、いつも笑顔」「恨みを買う人ではなかった」。高窪さんの人柄を知る研究者仲間らは一様に困惑の表情を見せる。一方で、事件をめぐっては研究室と同じ階のトイレで、背中を執拗に刺されており、高窪さんに恨みを抱く人物の犯行との見方が強い。殺害現場の状況から犯人像を探った。



関連記事
【衝撃事件『未解決』の核心】「犯人は…
【衝撃事件『未解決』の核心】「遺族も…
記事本文の続き■「子供3人抱えて…」
 高窪さんはIC(集積回路)、特に「アナログ回路」の専門家だった。アナログ回路は精密機器の心臓部であるICの中で、受信した電波を増幅させたり、電波内の必要がない信号をカットする部分で、「テレビが映る」「携帯電話で話せる」といった基本的な機能に不可欠だという。

 高窪さんは父と叔父、祖父が法学者という学者一家で育った。妻も明大理工学部准教授で、夫婦で同じ分野の研究に携わっていた。大学のホームページでは「スキーやテニスが趣味」と自己紹介していた。

 高窪さんと共著がある東工大の藤井信生教授(電子物理工学)は「物腰が柔らかく、人に恨みを買うような人物ではない。夫婦仲も良かった。今後も研究が必要とされる分野であり、こんなことになるとは信じられない」と驚く。

「優しい先生、なぜ殺されたのか」学生ら動揺広がる 中央大
配信元:
2009/01/14 13:03更新
このニュースに関連したブログ関連ブログをスキップして本文へ移動する
憶測に過ぎないがこの記事について、イザ!でブログを書こう!
関連ブログエントリー一覧(バルーンを開くリンクをクリックするとリストが作成されます。閉じるリンクをクリックするとリストが削除されます。)
開く

関連フォト関連フォトをスキップして本文へ移動する
メインフォト
サブフォト
記事本文 14日午前、中央大理工学部の高窪統(はじめ)教授(45)が刃物で刺され、死亡した事件。学生らはキャンパスへの立ち入りを禁止され、捜査の様子を不安げに見守った。

 理工学部の男子学生(20)によると、高窪教授はこの日午前10時40分からの2時限目で講義する予定だった。「どうなってるんだ」。授業開始から30分経っても教授が現れないため、学生がざわつき始めたところで、大学職員が休講を知らせに来たという。



関連記事
神戸の大学で硫化水素自殺未遂、学生ら…
大学教室で教授殺害 北京、男子学生を…
記事本文の続き 「高窪先生から半導体について教わっていた。教授のトラブルなど聞いたことなく、なんで殺されたのか。大学側から説明がなく、何が起きたのか知りたい」と青ざめた表情。

 理工学部電気電子情報通信工学科3年の男子学生(21)は2年次に、高窪教授の授業を受講した。「まじめで優しい先生。気軽に話しやすく、授業後も学生の質問にていねいに対応していた」。授業中に問題を出して学生に解かせるが、わからない学生には解き方を指導していた。

 学生たちは「まさか大学内でこんな事件が起きるなんて」と困惑した様子だった。

                      ◇

【大学などで起きた襲撃事件】

 大学関係者や教諭らが学校内などで襲われた主な事件は次の通り。



 平成3年7月 「悪魔の詩」の翻訳者だった五十嵐一筑波大助教授が茨城県つくば市の筑波大内で首などを切られ殺害される

 10年3月 東京大構内で、非加熱血液製剤によるエイズウイルス(HIV)感染の危険が問題化した当時の厚生省課長だった郡司篤晃医学部教授が右翼団体幹部の男に顔を殴られけが

 12年11月 東京都品川区の路上で、明治大学生部長で経営学部教授が4人組の男に襲われ、重傷

 13年6月 大阪教育大付属池田小に宅間守元死刑囚(執行)が包丁を持って侵入。児童8人を殺害、教師2人と児童13人に重軽傷を負わせる

 17年2月 大阪府寝屋川市の中央小に無職少年が侵入、男性教諭が刺され死亡

中大教授か、刺され死亡=校舎トイレ、背中に傷-黒い服の男逃走、東京・文京
 14日午前10時半ごろ、東京都文京区春日の中央大学理工学部の校舎内トイレで、男性が背中から血を流して倒れているのが見つかったと110番があった。男性は意識不明の重体で、病院の集中治療室に入ったが、警視庁は約1時間後に死亡を確認した。
 中央大によると、刺された男性は同大の高窪統教授(45)。警視庁捜査1課は何者かが背中を刺した殺人事件とみて捜査本部を設置して調べている。
 調べによると、男性は1号館4階トイレ内で倒れていた。背中の傷は10数カ所に上る疑いがあるという。
 同学部の男子留学生がトイレへ向かう際、30歳ぐらいの黒っぽい服装の男と擦れ違った。トイレに入ると、男性が背中から血を流し、うつぶせで倒れているのを発見した。
 留学生は4階にいた大学職員に連絡。警備員が110番した。
 中央大のホームページによると、高窪教授は上智大学大学院卒業後、1997年4月に中央大学理工学部助教授に就任。2003年4月から同大理工学部電気電子情報通信工学科教授を務めている。電子工学が専門で、高機能集積回路などを研究しているという。
 現場は東京メトロ後楽園駅から西へ約300メートルの中央大後楽園キャンパス。(2009/01/14-13:49)
【中央大事件】キャンパス厳戒態勢、高窪教授宅はひっそり
2009.1.15 10:37

このニュースのトピックス:少年犯罪

中央大の高窪統教授殺害事件で、同大後楽園キャンパス前に設置された献花台に花を供える職員=15日午後0時15分、東京都文京区 現役教授が刺殺されるという凄惨(せいさん)な事件から一夜明けた15日、現場となった東京都文京区の中央大学後楽園キャンパスでは警備員が通用門の前に立ち、授業に急ぐ学生らを呼び止め、学生証や通行証の提示を求めるなど出入りをチェックする厳戒態勢がとられた。

 大学側は4カ所ある門のうち2カ所の出入りを禁止し、1カ所を学生、別の1カ所を教職員に出入りを限定した。14日の事件後はすべての講義を休講としたが、この日の講義は通常通り再開。警視庁の捜査車両が続々と乗りつけるなど、事件の影響が暗い影を落とす中、学生らは不安げな表情で構内に向かった。

 殺害された高窪統(はじめ)さん(45)が所属する理工学部電気電子情報通信工学科の2年生で、1年生のときに高窪さんの授業を受けていた小林良輔さん(20)は「恨まれるような人には見えなかったので、何で殺されたのか。とにかく不安で、早く犯人が捕まってほしい」。別の同学科の男子学生(20)は「補講テスト中に勘弁してほしい」と、騒動にいらだった様子。

 午前9時半前には、警視庁の捜査員がキャンパスに入り、現場検証を開始。土木工学科の男子学生(19)は「キャンパスは誰でも入れてしまう。解決するまでは警備をしっかりしてくれたほうが安心して授業を受けられる」と話した。

 一方、世田谷区成城にある高窪さんの自宅は1、2階ともカーテンが閉められ、妻と3人の子供は不在の様子で、静まり返っていた。
高窪利一
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
高窪 利一(たかくぼ としかず、1930年4月24日 - 2003年3月17日)は、日本の法学者。商法専攻。弁護士。

目次 [非表示]
1 人物
2 学説
3 著書
4 門下生



[編集] 人物
東京都生まれ。都立日比谷高校を経て、1953年、中央大学法学部卒業。1959年、中大大学院民法専攻博士課程修了。以後、助教授から1966年中大法学部教授に就任。1995年博士(法学)(中央大学)(学位論文「有価証券法研究」)。「末広文化賞」(1934年)。学術会議委員。刑事法分野で知られる高窪貞人(青山学院大学名誉教授)は弟。父は商法学者の高窪喜八郎(元中央大学教授)。工学者の高窪統(中央大学理工学部教授)は実子。

また、中央大学多摩キャンパス内にある多摩学生研究棟(通称:炎の塔)に所属する中央大学商法研究会の創設者である。

「あんな優しい先生をなぜ…」高窪教授の死、学生ら衝撃
 中央大学理工学部の高窪統(はじめ)教授が、14日、東京・文京区の後楽園キャンパス内で背中を刺されて殺害された事件。学者一家で育った温厚な大学教授はなぜ襲われたのか。白昼のキャンパス内で起こった陰惨な事件に、学生や教授仲間は声を震わせた。

 高窪教授は祖父と父も中央大の教授で、上智大大学院などを経て1997年4月に中央大助教授、2003年4月から現職。15年近い付き合いという豊橋技術科学大の和田和千(かずゆき)准教授は「温厚で静かな人だった。なぜこんなことが起きてしまったのか」と憤った。天体観測が趣味で、目を輝かせて星々の話を語っていたことが印象深いという。

 専門分野はデジタルカメラや携帯電話などに使われる電子回路の研究だった。同じ分野を専攻し、学生結婚した明治大准教授の妻と共同で論文を発表することも多かった。和田さんは「学会に夫婦仲良く姿を見せていたのに」と悔やんだ。

 東京都世田谷区の自宅で、妻と高校生の息子、小学生の双子の娘、母と暮らす。近所に住む40歳代の主婦は「すごく円満な家族でトラブルは聞いたことがない」と表情を曇らせた。

 大学では、わかりやすい講義と温かい人柄から、学生に人気が高かった。

 3年の男子学生は昨年11月、急に体調を崩して高窪教授の紹介で行われた企業見学を無断で休んだが、高窪教授は頭ごなしにしかるのではなく、「体はもう大丈夫か」と気遣ってくれたという。この学生は「あんな優しい先生が恨みを買うはずはない」と話した。

(2009年1月14日23時41分 読売新聞)
by hata_28ych | 2009-01-16 00:21 | 日常 | Comments(0)

∵*:.゜..゜.:*∵日々の出来事を綴るブログ。。。山手の丘から愛を込めて(*uωu*)∵*:.゜..゜.:*∵
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30