ブログトップ

★お散歩日和★ ~ご当地紀行~

カテゴリ:高校野球( 160 )

ニッサン横浜

d0075741_08204915.jpeg
をやってた。
すごい人だかり。
あとで調べて分かったことだけど、引き出物がもらえて、渡辺美里とゴスペラーズが来てたみたい。
ここではらゴスペラーズが歌ってた。
d0075741_08543488.jpeg
d0075741_20205200.jpeg
ラジオドラマみたいだけど、で、安部礼司ってだれ?

by hata_28ych | 2017-01-15 15:19 | 高校野球 | Comments(0)

横浜隼人 水谷監督 講演会

部屋を掃除していたら、こんなもの発見!
2年くらい前に水谷監督の講演を聴きに行ってきたときのもの。
とっても、トークがうまくて、ひきつけられました。
d0075741_23450883.jpeg

by hata_28ych | 2016-08-21 23:43 | 高校野球 | Comments(0)

第98回全国高等学校野球選手権神奈川大会 開会式

10:37です。
スタジアム付近は、これから始まる開会式の準備中。
d0075741_01102877.jpeg

今年は、暑さが半端なさすぎでスタンドでの観戦は断念…T^T

行くとさっそく横浜高校の選手発見‼️
横浜高校の選手の周りには人だかり!
サインを求める人、写真をお願いする人さまざま!
スター軍団ですね。


d0075741_20265762.jpg

まずは、万波中正(まんなみ ちゅうせい)選手。
東練馬シニア出身、身長一年生にして190センチ。


d0075741_20255916.jpg

増田珠くん、二年生。
直前まで怪我をしていてメンバー外だったのですが、登録変更で背番号8!浅間くんの付けていた番号!

d0075741_20262867.jpg

d0075741_20231912.jpg

d0075741_20235456.jpg

サイエンスフロンティア高校。
さわやかなユニホームです。サイエンスの先生は、中学校出身です。
d0075741_11485435.jpeg
d0075741_11492232.jpeg


横浜高校の選手がサインをしています。
どこもかしこも、ホント、スター★
d0075741_17431924.jpeg

Y校です。帽子が6角から8角に戻ってる!!
このところY校は、ユニホーム、練習着、帽子、その他コロコロ変えすぎで、嫌ですね…
監督の意向でメーカーも日体使用に変えているし…
d0075741_2030376.jpg

開会式のハマスタ。まだまだ人はやってきます。
d0075741_17433932.jpeg

桐蔭学園の写真撮影風景。
d0075741_17441427.jpeg

あまりの暑さに開会式前ですが11:45ハマスタを後にします。
さて、今年はどんなドラマが待っているのでしょうか?
肝心の決勝戦は観に行けませんが楽しみです★
d0075741_17443251.jpeg

工事中???
d0075741_17445347.jpeg

by hata_28ych | 2016-07-10 18:09 | 高校野球 | Comments(0)

ベースボール神奈川

d0075741_23570871.jpeg
ベースボール神奈川 最新号を読みました。
まず、目を引いたのはこの表紙‼️

なんか、高校生なのに、プロ野球選手にのような扱い…

中を見てみると…
横浜高校の特集ページ。
d0075741_23583727.jpeg
桐光学園の選手特集ページ。
d0075741_00004815.jpeg
どうも本来の発刊の主旨からズレてきているように感じるのですが…高校生をスター化させないというのが高野連の主旨。
「甲子園の星」は、高校生をスター化させている雑誌。個人的には、あの雑誌はそういうものだと思って読んでいますが、ベースボール神奈川は違うと思っていただけに残念。

写真などすごくかっこ良くなっていて、強豪校以外の学校も掲載されていたり、見ごたえはあるのですが、でも、やっぱり違和感を感じてしまいます。。。

掲載校は、ライターさんとつながりのある学校が多いようにも感じますが…

と違和感を感じつつも、購入してしまうのでした。

きっとこれが良い‼️って思う人もたくさんいるはずだから!これはこれで良いのかなぁから


by hata_28ych | 2016-07-09 23:56 | 高校野球 | Comments(0)

滝川二・山名の顔面付近に送球直撃!担架で救急搬送

滝川二・山名の顔面付近に送球直撃!担架で救急搬送

日刊スポーツ 



 滝川二(兵庫)山名大夢内野手(3年)が、併殺を狙った送球を顔面に受けるアクシデントにあった。

 6回無死一、三塁、一塁走者の山名は二塁ゴロで、二塁にダッシュ。二塁手から遊撃手、さらに一塁へと転送したボールが、スライディングした際に顔面を直撃した。

 その場にうずくまって動けなくなり、担架で運ばれた。球場内にドクターが駆け付け、甲子園が騒然となった。

 山名は直後に途中交代し、救急車で搬送された。

 大会本部は「右目上部(眉毛のあたり)に当たり、約5センチの裂傷を負いました。腫れも見られるため、救急車で尼崎市内の病院に向かいました」と発表した。


by hata_28ych | 2015-08-09 09:45 | 高校野球 | Comments(0)

<高校野球速報>横浜・渡辺監督、最後の夏終わる!


THE PAGE 

 高校野球の神奈川大会決勝が28日、横浜スタジアムで行われ、東海大相模が横浜を9-0で下し2年連続10度目の甲子園出場を決めた。大量点をもらった今秋のドラフト1位候補、左腕の小笠原慎之介は、最速150キロをマークする、7安打完封ピッチング。この夏を限りに勇退する横浜の渡辺元智監督は(70)は、その花道を甲子園出場で飾ることができなかった。

 186校の頂点を決める激戦区神奈川の決勝戦。その舞台である横浜スタジアムが人で埋まる。試合開始数時間も前から長蛇の列。小笠原、吉田凌という2人のドラフト1位候補を擁する東海大相模と、名将、渡辺監督の“ラストサマー”に一致団結、ノーシードから決勝までかけ上がってきた横浜という神奈川屈指のライバルカード。大入り満員も当然か。

 序盤は、横浜・石川、東海大相模・小笠原の両左腕の息詰まる投手戦となったが、東海大相模が先に均衡をやぶった。4回、この回先頭の1番・千野が、石川の山なりの超スローカーブをためてレフトへと弾き返した。ポーンと弾んだ打球の処理をレフトの村田が誤って二塁打となった。これを宮地が、三塁前への理想的なバントで送り一死三塁。続く3番・杉崎が、人工芝に思い切り叩きつけた打球は、大きくバウンドして前進守備をとっていたファーストの頭の上を越えていく貴重な先制タイムリーとなった。

 さらに攻勢は続く。「打倒・横浜という気持ちでここまできた」と、燃える豊田が、三塁内野安打。一死一、二塁として、磯網のライトフライで二死一、三塁となったが、キャプテンの長倉が甘い変化球をライト前へ。突っ込んできたライトが後逸してしまったこともあって2人が生還。3点がスコアボードに刻まれた。
 
 横浜の渡辺監督は、「(甲子園という)欲を持たないこと。初心というか、原点に帰ってのゲームを心がけたい」と、決勝戦にむけての心構えを説いていた。それでも、この日、最速150キロをマークしているドラフト1位候補、小笠原の攻略は簡単ではなかった。執拗なバントの構えや、変化球ではスタンスの位置を変えるなどの工夫で必死に揺さぶりをかけるが、5回までわずか1安打。決勝戦まで、18イニングで自責点ゼロのサウスポーが横浜の前に立ちふさがる。

 6回二死から横浜が反撃。戸堀がレフト前ヒットで出塁。盗塁を仕掛けて二死二塁として、三河が四球。公家のショート左を襲った打球は、杉崎のファインプレーで抜けなかったが、内野安打で満塁とチャンスを広げた。だが、5番・石川は、カウント2-2から外のチェンジアップにスイングアウト。絶好の反撃機を逃す。



by hata_28ych | 2015-07-29 00:22 | 高校野球 | Comments(0)

横浜・渡辺監督が勇退 人生説いた名将 大学中退・給料は酒に…挫折しかけた過去、指導にいきる

横浜・渡辺監督が勇退 人生説いた名将 大学中退・給料は酒に…挫折しかけた過去、指導にいきる

withnews 

 高校野球の強豪、横浜高が28日、神奈川大会で東海大相模に敗れました。春夏合わせて甲子園5度優勝の強豪校に育てた渡辺元智監督(70)は、今大会での引退を表明しています。大学で野球の夢を絶たれ中退、人生に挫折しかけた過去もあったという渡辺監督。「ベンチ入りできない選手にも、野球を通して人生に何かを感じ取ってもらいたい」。そんな思いで球児に向き合ってきました。

野球から逃げるように大学中退

 渡辺監督は横浜高校のOBですが、選手としての甲子園出場はありません。神奈川大学野球部1年の時、右肩を壊し野球から逃げるように大学を中退。ブルドーザーの修理工場で働きますが、給料は酒代に消えるという日々でした。酔っぱらったあげく、路上でけんかをしたこともありました。

 そんな時、人生の転機が訪れます。母校の横浜高から「野球部のコーチに」と声がかかります。練習も勉強も一生懸命やっていたことを、監督が覚えていてくれたのです。

投げやりな態度は許さない

 挫折しかけた経験は、球児への指導にも現われます。

 5度目の甲子園優勝を果たした2006年の選抜大会。中心メンバーの佐藤賢治選手が、練習でふてくされて帰宅すると、一時、謹慎させます。自分の人生に重ね合わせ「投げやりな態度をとることのばかばかしさを伝えたかったから」。決勝で大活躍した佐藤選手は「監督は我慢を教えてくれた」と振り返りました。

 若いころは、「おれについて来い」と闘志をむき出していたという渡辺監督。次第にチームの雰囲気作りを大事にするようになります。どんなに有力な選手がいても、チームの和にはとりわけ気を使ってきました。1998年の選抜大会では「奪三振記録を塗り替える」と張り切る松坂大輔投手に「三振ばかり狙うな」と諭したこともありました。

昭和から平成、時代を超え頂点に

 渡辺監督は、70年代、80年代、90年代、そして2000年代と、時代を超えて甲子園で優勝をしています。

 その秘密は、変わらぬ信念と、変わり続ける勇気と柔軟性です。「黙ってついてこい」の昭和から、「対話」の平成へ。携帯電話のメールなども使いこなし、選手とのコミュニケーションをはかりました。より細かい指導をするため、30代で大学(夜間)に通って教員免許もとっています。

 礼儀にはうるさいが、必要以上に細かいルールはつくらず、選手の自主性や創造性を重んじた渡辺監督。「野球を通じて人生の荒波のくぐり方を学んで欲しい」と説いていました。

 引退の知らせを聞いたOBからは、感謝の言葉が寄せられました。松坂大輔投手(ソフトバンク)は「監督から聞いた時はショックで言葉が出てこなかった」と語りました。涌井秀章選手(千葉ロッテマリーンズ)は「高校時代は節目、節目でアドバイスのメールをくれた。自分をプロに導いてくれた人で、一生の恩師。あの人がいなければプロには入っていなかった」と、述べていました。


by hata_28ych | 2015-07-29 00:19 | 高校野球 | Comments(0)

【神奈川】横浜3戦連続コールド&完封 今季限り勇退の渡辺監督「成長してきた」


 勝負師の目が穏やかに緩んだ。横浜が3戦連続コールド&完封で3回戦を突破。今季限りで勇退する渡辺元智監督(70)は「考えているように戦えるようになってきた。少し成長してきた」と手応えを口にした。

 2年生が多いチームの中で、明るい材料は5番から3番に打順を変えた三河聖央(まさひろ、3年)の活躍だった。2回戦後、指揮官自ら打撃投手を務めインステップを修正。7回の右越え2ランを含む3安打5打点と結果で応えた。スタンドでは浅間、高浜(ともに日本ハム)ら昨年の3年生も観戦。三河は「浅間さんに『(本塁打)1本打てよ』と言われていた。その約束は守れました」と笑った。

 次は20日、いよいよ第1シード相模原との4回戦だ。「(相模原は)投手が素晴らしいし、上位打線も脅威。優勝候補にトライしていく。負けない野球をやっていきたい」と話した渡辺監督。全ての知識と経験を注いだ選手たちと、最初の難関にぶつかっていく。


by hata_28ych | 2015-07-18 08:05 | 高校野球 | Comments(0)

ハムドラ3浅間 “一番乗り”年俸540万円仮契約

年俸540万。
月45万かー。
これから、どんどん年俸上がって活躍して欲しい!!
頑張れ、大基!

d0075741_027565.jpg

龍のオブジェの前で「龍が如く」上昇を誓う浅間(中央)                               
 日本ハムからドラフト3位で指名された浅間(横浜高)が都内で入団交渉に臨み、契約金4500万円、年俸540万円で仮契約。

 今年の球団新人では一番乗りとなり「ようやく現実的に感じてきている」と話した。6日に千葉・鎌ケ谷の2軍施設を見学した際、練習中の陽岱鋼(ヨウダイカン)と遭遇。「これからはライバルだぞ」と声をかけられた大型外野手は「陽岱鋼さんは体も大きかった。ライバルと言われる存在になりたい」と飛躍を誓った。 【浅間 大基】
by hata_28ych | 2014-11-08 22:29 | 高校野球 | Comments(0)

【日本ハム】ドラ3横浜高・浅間、宴会部長に立候補!U18代表でコーラ一気も

【日本ハム】ドラ3横浜高・浅間、宴会部長に立候補!U18代表でコーラ一気も

日本ハムの指名あいさつを受けた浅間と高浜(右)
d0075741_959211.jpg

 日本ハムからドラフト3位指名された横浜高・浅間大基外野手(18)が28日、横浜市内の同校で指名あいさつを受けた。走攻守+顔+芸。5拍子そろった高校生NO1外野手は、宴会部長に立候補した。

 発端は、指名あいさつに訪れた大渕スカウトディレクターによる暴露だった。今夏にタイで行われた第10回U―18アジア選手権。開幕前のレセプションで、イケメンからは想像もつかない“特技”を披露したという。「コーラを一気飲みして、ゲップをせずに出場国を全部言うというのをやりました。1つか2つでダメでしたけど…。ややウケでした」と浅間。ハムでもシーズン中に外野手会などがあるが、「やれと言われればやります」と、盛り上げ役に名乗りをあげた。

 野球の実力も申し分ない。複数球団が上位候補に検討していた逸材で、大渕スカウトディレクターは「欠点がない選手。すべてのレベルが高い」と太鼓判。浅間も「早く1軍で活躍できるように努力します」と気合を入れた。中田や大谷の前で芸を披露する日も、そう遠くはなさそうだ。(尾形 圭亮)

 ◆浅間 大基(あさま・だいき)1996年6月21日、東京都生まれ。18歳。小学1年で軟式野球を始める。中学時代は「新宿シニア」で投手。全国大会8強。横浜高では2年夏、3年春に甲子園出場。50メートル6秒ジャストの俊足を誇り、高校通算31本塁打。今夏は投手と外野手を兼任。14年ドラフト3位で日本ハムに指名された。183センチ、75キロ。右投左打。


ハムの横浜コンビが弟子入り志願 浅間「大谷さん」高浜「中田さん」

日本ハムから指名あいさつを受けた横浜の浅間(右)と高浜。同校OBの松坂の記念碑の前でと気合を入れる
d0075741_9583729.jpg

 日本ハムの大渕隆スカウトディレクターらが横浜市内の横浜高を訪問し、ドラフト3位で指名した浅間と同7位の高浜にあいさつした。

 走攻守を備える浅間は高校通算31本塁打。「プロの世界は甘くない。二刀流の大谷さんに、どうすれば活躍できるのか聞いてみたい」と目を輝かせた。

 ロッテ内野手の卓也を兄に持つ高浜は「目標は中田さん。ちょっと怖そうだけれど、兄が仲いいので話をしてもらえると思う」と中田の弟子入りを志願。高校通算32本塁打のパワーを磨く。

d0075741_1015033.jpg
d0075741_1013962.jpg
d0075741_1012694.jpg

by hata_28ych | 2014-10-29 09:56 | 高校野球 | Comments(0)

∵*:.゜..゜.:*∵日々の出来事を綴るブログ。。。山手の丘から愛を込めて(*uωu*)∵*:.゜..゜.:*∵
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31