ブログトップ

★お散歩日和★ ~ご当地紀行~

<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

横浜 VS 横浜創学館


by hata_28ych | 2008-07-26 23:02 | 高校野球 | Comments(0)

横浜市教委、小学教諭を免職

横浜市教委、小学教諭を免職
 インターネットのブログに、先輩教諭を名指しして「死ね」と書き込んだなどとして、横浜市教育委員会は24日、市立小学校の男性教諭(29)を免職処分にした。

 市教委によると、男性教諭は6~7月に、自身のブログに、40歳代の女性教諭の名字と「死ね」という言葉を51回も書き込んだり、「ホント殺したい」「教師殺しがあったら、それはオレです、絶対」などと書き込んだりした。50歳代の女性副校長に対しても「抹殺したい」などと書いた。

 県安全防災局から7月3日に市に情報提供があった。男性教諭は事実を認め、同日中にブログを閉鎖したという。

 市教委によると、男性教諭は4月1日付で採用され、4年生のクラス担任を務めていた。副校長に鉛筆削りの場所を尋ねた際、態度を注意されたり、理科クラブの活動で、女性教諭に実験器具の使い方を注意されたりしたことに不満を持ち、「ぶつけようのない思いをブログに書いた」と動機を説明。「深く反省している。教諭を辞めたくない」などと話しているという。

 市教委は、ブログの内容から「教員の適格性に欠ける」と判断。適格性などに問題がある公務員を免職する際には、地方公務員法の「分限免職」が適用されるが、1年以上勤務していない教員には適用できないため、人事院規則を準用して免職にした。

 市教委は「秋葉原の通り魔事件などを機に、インターネットに不適切な書き込みをしないよう指導を徹底している立場の教諭がした行為であり、厳しく処分した。再発防止に努めたい」としている。

(2008年7月25日 読売新聞)

新人教師がブログに「死ね死ね死ね…」記事を印刷する

 横浜市は24日、インターネットの自分のブログに上司を名指しで攻撃する記載をしていた市立小学校の男性教諭(29)の免職を発表した。教諭は今春採用されたばかりの新人。副校長ら上司2人の自分に対する指導法に不満を持ち、「死ね死ね死ね…」「抹殺したい」などとブログに連日書き込んでいたという。

 市によると、教諭は6月から7月にかけて、女性副校長に対して「抹殺したい」と名指しで書き込み、教員のリーダーを務める主幹教諭に対しても「死ね死ね死ね…」「ホント殺したい」「教師殺しがあったら、それはオレです、絶対」などと50回以上も書き込んでいたという。今月3日に神奈川県防災局が書き込みを発見し、横浜市安全管理局に情報を提供。市は同日に教諭を呼び出し、事情聴取を行った。書き込みを認めた教諭は「上司の指導法に不満があった。ぶつけようのない怒りをブログに書いた」と話しているという。

 教諭は4月から条件付きで採用期間中。職員室で副校長に「鉛筆削りはどこですか」と聞いた際に「人にものをたずねる態度ではない」と指摘されたことに腹を立てたという。また同じ理科系クラブの顧問を務める主幹教諭からは、急に実験内容を変更されたり、子供たちの前で注意されたことに不満を持ったという。

 市によると、副校長は「教諭は鉛筆を自分の方に向けて指したまま聞いてきたので注意した」と話しているという。また主幹教諭は「実験の変更は材料が足りなかったから。生徒の前で注意したことなどない」と話しているという。

 市は「いくら上司に不満があるとはいえ、書き込みの内容を考えると、児童、生徒を指導する立場として必要な適格性を欠く」と判断し、教諭の免職処分を決定した。担当者はこの日「情けないことです」とあきれていた。

 最近は大分県で教員採用をめぐる汚職が発覚したばかり。教育現場に対する目が厳しくなっている中で起きた不祥事。横浜市は「教職員の不祥事については社会的な関心も高く、不祥事の根絶を目指して取り組んでいるところ。このようなことが起こったことは極めて遺憾」としている。

横浜市 29歳小学校教諭がブログに「死ね死ね死ね」
2008年07月25日21時58分
横浜市教育委員会は24日、インターネットの自身のブログに、先輩教諭を名指しして「死ね」などと記載したとして、横浜市鶴見区の市立小学校の男性教諭(29)を免職処分にした。




横浜市教育委員会によると、男性教諭は女性の主幹教諭に対し、「死ね死ね……」と51回もブログに書き連ねたほか、「ホント殺したい」「教師殺しがあったら、それはオレです、絶対」などと書き込んだ。また、50歳代の女性の副校長についても「教頭抹殺したい」などとと記載していた。

情報提供があったのは7月3日。県安全防災局から横浜市に連絡があった。男性教諭は事実を認め、同日中にブログを閉鎖。「主幹教諭から子どもの前でしかられ、不満があった。殺すつもりは全くなく、深く反省している」と話しているという。

男性教諭は4月1日付で採用され、4年生のクラス担任を務めていた。
横浜市教育委員会は、ブログの内容から「教員の適格性に欠ける」と判断。人事院規則を準用して免職にした。

女性上司へブログで50連発「死ね死ね死ね…」小学校教諭を免職
2008年07月25日12時15分
 横浜市教育委員会は24日、インターネットの自分のブログに「死ね死ね死ね…」「教頭抹殺したい」などと書き込んだ横浜市立小学校の男性教諭(29)を免職の分限処分にした。男性教諭は今年4月から条件付き採用中だった。市教委には「子供の前でしかられるなどして頭にきていた。ぶつけようのない怒りをブログに書いた」と話しているという。

 市教委によると、男性教諭は6~7月までに、40代の女性主幹教諭を名指しして「死ね」を計50回以上繰り返したり「ホント、殺したい」「教師殺しがあったら、それはオレです、絶対」などと書き込んでいた。また50代の女性副校長に対しても「教頭抹殺したい」と書いていたという。

 3日に神奈川県から横浜市に「教諭が書いたとみられるブログの書き込みがある」との情報提供があった。市が調査を開始したところ、このブログに主幹教諭の名字と横浜市の区名が書きこまれているのを発見。事実確認を行ったところ、男性教諭が自分で書き込んだことを認めたという。

 背景には、上司の指導に対する不満があったとみられている。この男性教諭は4月に条件付き採用で着任。4年生を受け持ち、主幹教諭と理科系のクラブを一緒に担当していた。これまで大きなトラブルはなかったという。

 男性教諭は、殺人予告を書き込んだ理由について「実験を行った際、器具の使い方を間違い主幹教諭から子供の前でしかられた」「主幹教諭が勝手に実験を変更した」などと話している。

 副校長への「抹殺したい」との記載は「私が注意されたことを、ほかの教諭に話したから」と説明。この副校長は市教委の聞き取り調査に、男性教諭が鉛筆の先を自分に向けたまま、鉛筆削りの場所を尋ねてきたことがあったため、これを注意し、それをほかの教諭に話したという。

 市教委は主幹教諭や副校長の指導について、いずれのケースも「通常の指導の範囲内」と判定。男性教諭を適格性を欠くとして、懲戒処分ではなく分限処分とした。

 標的となった2人の女性教諭は「死ね」などとブログに書き込まれていたことを知ると、かなり動揺していたらしい。警察に被害届を提出しない理由については、副校長は「一緒にやってきた仲間だから」、また主幹教諭は「この件にこれ以上かかわりたくない」と話しているという。

 免職処分が決まる前、男性教諭は「職を続けて信頼回復に努めたい」「深く反省している」と話していたという。



ありえません。小学校は、大量に採用しすぎだから変なのが混じっているわけで・・・こういうのがいると小学校の教員だけでなく教員そのものが偏見の目にさらされてしまう。
by hata_28ych | 2008-07-25 21:34 | 教育news | Comments(0)

横浜商 VS 横浜創学館


by hata_28ych | 2008-07-23 01:17 | 高校野球 | Comments(0)

横浜商 VS 大清水


by hata_28ych | 2008-07-21 01:17 | 高校野球 | Comments(0)

横浜商 VS 藤沢翔陵

小田原球場
by hata_28ych | 2008-07-20 01:21 | 高校野球 | Comments(0)

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
読売  1 0 1 1 0 0 0 1 2 - 6
横浜  0 0 0 0 0 2 0 0 0 - 2


勝:高橋尚 4勝3敗0S
負:ウッド1勝9敗0S
H:豊田(巨)

読売/高橋尚(7回)-豊田(1回)-山口(1回)
横浜/ウッド(5回)-吉見(2回)-小山田(2/3)-石井裕(1/3)-吉原(1回)
HR:村田27号2ラン(横) 阿部10号ソロ(巨)
by hata_28ych | 2008-07-20 01:14 | 心の旅 | Comments(0)

第90回全国高校野球選手権記念神奈川大会 開会式

8:50起床・・・
by hata_28ych | 2008-07-12 23:42 | 高校野球 | Comments(0)

∵*:.゜..゜.:*∵日々の出来事を綴るブログ。。。山手の丘から愛を込めて(*uωu*)∵*:.゜..゜.:*∵