ブログトップ

★お散歩日和★ ~ご当地紀行~

<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「ずっと一緒に」絶たれた夢 東名事故で犠牲の2高校生

 思いを寄せあう高校生のふたりが事故に遭ったのは、約束していた東京ディズニーランドへの卒業旅行の帰り道だった。愛知県豊橋市の東名高速道路で今月15日に起きた多重衝突事故。「ずっと一緒に」。誓い合った将来は、一瞬で絶たれた。

 「お互いに好きだってわかったんだ」

 桐林史樹(ふみき)さん(18)=同県春日井市=が、母親のまゆみさん(44)に、そう打ち明けたのは昨年1月のことだった。史樹さんは至学館高校(名古屋市東区)の野球部に所属。前年秋にエースの座をつかみ取った。

 相手の糟谷(かすや)知世さん(17)=名古屋市港区=も、同じ高校の陸上部でリレー選手を務め、1年生からインターハイに出場したアスリートだった。そんな2人は「メル友」で、メールを交換するうちに気持ちが通じた。

 ただ、陸上部では恋愛は禁じられていた。「部に迷惑はかけられない。引退するまで待って」。そう願う知世さんの気持ちを尊重し、史樹さんは思いを抑え、学校では声をかけることもがまんしていたと、まゆみさんは言う。

 昨年7月10日。史樹さんの誕生日に、知世さんはメッセージカードを贈った。マウンドでサイドスローを繰り出す史樹さんの写真をハート形に切り抜き、《うちの好きな人》と書き添えた。《史に出逢えてほんとうによかった! ずっと一緒におろうね》。文末には、卒業旅行で東京ディズニーランドに行こう、と記した。

 その月にあった全国高校野球選手権愛知大会。史樹さんは直前に調子を崩し、エース番号こそチームメートに譲ったが、3回戦まですべての試合に登板し、エース格の活躍を見せた。

 4回戦。力投する史樹さんを、知世さんはスタンドから見守った。逆転を許して敗れ、試合後に泣きじゃくる史樹さんに、知世さんはよそよそしく振る舞った。「まだ、しゃべっちゃだめだ」と史樹さんから言われていた。

 秋になって知世さんが陸上部を引退すると、ようやく交際が始まった。史樹さんが初めて家に連れてきた知世さんに、まゆみさんは「笑顔のかわいい子」と好感を持った。「駅まで送る車の中でずっと楽しそうに話しているのを見て、本当にお互いが好きなんだなって思いました」

 今月12日、知世さんの母ゆかりさん(47)の付き添いで、ふたりは乗用車で約束の卒業旅行に出かけた。よほど楽しかったのか、メール好きの史樹さんからまゆみさんに連絡はなかった。帰る予定の15日にまゆみさんが史樹さんにメールを送ると、昼に「これから帰る」と返信が届いた。それが、最後の便りとなった。

 一緒に命を落としたゆかりさんは、史樹さんをかわいがった。ゆかりさんから「耳があなたに似ている」と贈られたガラス製の猿のキーホルダーを、史樹さんは大事に枕元に置いていた。

 「彼女ができるか心配していたら、ちゃんと好きな子ができて安心していた」。まゆみさんは遺影を前に、振り返る。「これから2人でいろんなところに行きたかっただろうに……」

 史樹さんと知世さんは至学館大に進むはずだった。28日には高校で卒業式がある。まゆみさんは夫の和弘さん(49)とともに、史樹さんに代わって卒業証書を受け取る。(工藤隆治、黒田悠水)

    ◇

 〈東名高速3人死亡事故〉 2月15日午後5時すぎ、愛知県豊橋市の東名高速道路下り線で起きた。渋滞で止まっていた乗用車にトラックが追突し、乗用車に乗っていた史樹さんと知世さん、知世さんの母ゆかりさんが死亡、運転していた知世さんの叔母(44)もけがを負った。他に計3台が巻き込まれ、乗っていた計5人も負傷。愛知県警はトラックの運転手を自動車運転過失致死傷容疑で逮捕し、事故の原因を調べている。
.
by hata_28ych | 2011-02-28 01:31 | 高校野球 | Comments(0)

ベイスターズ 細山田選手

細山田選手のサイン色紙をいただきました★嬉しすぎです!!
by hata_28ych | 2011-02-17 19:38 | プロ野球 | Comments(0)

卒業旅行帰りの悲劇 インターハイ出場やり投げ女子高生と野球部のエース

伝統の横手投げ守った背番号10 至学館・桐林君 愛知
2010年07月24日
d0075741_1394385.jpg
 自慢のスライダーが思うように曲がらない。至学館の「サイドスローエース」桐林史樹君(3年)は6回に打ち崩されて逆転を許し、背番号1のエースにマウンドを譲った。ベンチでは、仲間に申し訳ない気持ちで、声援を送ることもできないまま試合が終わった。


至学館の桐林史樹君=瑞穂
 至学館のエースは代々、横手投げを受け継いできた。2005年に女子校から共学になったばかりで、創部4年。強豪に対抗するには「打ち慣れない横手投げの投手が必要」という麻王義之監督の戦略だった。桐林君は3代目だ。

 横手投げに「転向」したのは1年生の冬。「伸びるぞ」という監督の言葉を信じた。横手投げには柔らかい下半身が必要で、最初は「全くできる気がしなかった」。だが、丹念なストレッチで体をつくり、半年ほどで手応えを感じ始めた。昨秋の大会では背番号「1」をつけた。

 だが今年の春の大会後にフォームが崩れ、調子を落とした。夏の愛知大会は背番号「10」。主将の中野誠司君(3年)は「おまえをエースだと思っているから」と言ってくれた。しかし、ユニホームに背番号を縫いつけてくれる母親にはなかなか言い出せなかった。「『1』のつもりで投げるから」。そう伝えて背番号を渡すと、母親は泣いた。

 最後の試合となった栄徳戦。試合直前に捕手の兼光健太君(3年)が、前の試合で右手の指を骨折していたことがわかった。急きょ捕手経験が少ない別の選手が出場。試合中に捕手を呼び寄せて配球を確認しながら、必死で投げ続けた。

 ベンチに戻るとうつむき、あふれる涙をぬぐった。試合後も涙が止まらなかったが、こう言い切った。

 「どんな状況でも投げるのがエース。自分の責任です」




楽しかった思い出が暗転した。愛知県豊橋市の東名高速道路で15日夕、トラックが渋滞中の乗用車に突っ込み、3人が死亡した事故。高校3年の男女2人は同じ大学への進学が決まり「卒業旅行」として、千葉県の東京ディズニーランドに行った帰りの悲劇だった。

 死亡したのは助手席に乗っていた会社員糟谷ゆかりさん(47)、後部座席に乗っていた糟谷さんの娘の高校3年知世さん(17)、知世さんの同級生桐林史樹さん(18)の3人。

 知世さんと桐林さんが通っていた名古屋市東区の至学館高校によると、知世さんは3年連続で陸上の全国高校総合体育大会(インターハイ)に出場、桐林さんは野球部のエースとして活躍した。2人とも体育教師を目指していた。

 「大学で看護や医療を学び、やり投げにも挑戦する予定だった」。知世さんの祖母丹下秀子さん(67)は名古屋市港区の自宅前で唇をかんだ。旅行は、知世さんと同級生の桐林さんが約1カ月前から計画。「行ってくるね」。知世さんが楽しそうに出掛けていく姿を見送ったのが最後だった。

 桐林さんは中学、高校と野球に打ち込んでいた。桐林さんの母まゆみさん(44)は「(知世さんとは)スポーツを通じて、いいお付き合いをさせてもらっていた。楽しみにしていた旅行だったのに」と愛知県春日井市の自宅で、悲しみをこらえ切れない様子だった。




15日午後5時ごろ、愛知県豊橋市賀茂町の東名高速道路下り線で、名古屋市中川区のコンビニ店長、中村鈴子さん(44)の乗用車にトラックが追突、計5台が絡む多重事故が起きた。

 県警高速隊によると、乗用車に乗っていた中村さんの姉で会社員、糟谷ゆかりさん(47)=同市港区、糟谷さんの娘の高校3年、知世さん(17)=同、知世さんの同級生、桐林史樹さん(18)=愛知県春日井市=の3人が死亡した。

 中村さんと、トラックの男性運転手(23)=静岡県島田市、ほか3台の20~50代の男性2人、女性3人も軽傷を負った。

 渋滞の最後尾の中村さんの車にトラックが追突したとみられる。高速隊は自動車運転過失致死傷の疑いで運転手から事情を聴いている。中村さんら4人は、千葉県に旅行に行った帰りだった。

 東名高速下り線は午後6時ごろから浜松西-豊川インターチェンジ間が通行止めとなり、約6時間後に解除された。

 現場では、押しつぶされたように大破したり、後部が破損するなどした車数台が停車。トラックはフロントガラスが割れていた。

 豊橋市の病院に駆け付けた中村さんの夫は「事故直後に妻から連絡があった。ハザードランプをつけて止まっていたら、トラックに追突されたようだ」と話した。
by hata_28ych | 2011-02-16 01:35 | 高校野球 | Comments(1)

2月11日に武山選手のボール当選

d0075741_19581358.jpg
2月11日に武山真吾(背番号61)のサインボールが当たりました。スピードくじで。
当日は雪だったけど、バレンタインチョコ買いに行くついでに・・・

個人的には、細山田くんのサインボールがほしかったので、残念・・・でも、当たったんだからぜいたくは言えないね。

昨日は、セールはやってたけど、もうキャンペーンは終了してました・・・

ちなみに、セールは11日からでこんなものが当たります。

【セール当選グッズ一覧】
※一部、コーチも含まれます。また、ユニホームは選手用に製作したものですが、選手によっては未使用ですので、ご了承ください。(以下、敬称略)
◆ホーム用シルバースター(上着のみ)=1点:#56杉原
◆ビジター用(上着のみ)=5点:#14小林太、#29新沼、#40桑原義、#63梶谷、#79水谷コーチ
◆直筆サイン入り・レプリカユニホーム(ホーム)=1点:山口
◆直筆サイン入り・レプリカユニホーム(ビジター)=4点:渡辺、山口(×各2本)
※渡辺選手は、No.なしユニホームにサインしていただきました。
◆直筆サイン入り・横浜大洋レプリカユニホーム=9点:石川、三浦、村田(×各2本)、藤田(×3本)
◆直筆サイン入り・スポーツメッシュTシャツ(ホワイト)=2点:渡辺
◆直筆サインボール=110点:加賀、細山田、北、田中、眞下、福田、阿斗里、武山、梶谷(×各12本)、山口、大家(×各1本)
by hata_28ych | 2011-02-11 19:58 | プロ野球 | Comments(0)

そんなに簡単じゃないよ

塾に行かず、中学入試を辞めたいというお子さんのブログがありました。

受験した先は、どれも有名進学校ばかり。。。

本当にお子さんが希望して受けているのでしょうか?親御さんが受験校のブランドだけで選んでいたら本人にとって今後大変なことになります。

または、すべて実力以上の学校だったとしても同じコトになります。

公立に行ったとしても、自分はできるという自負から仲間と打ち解けられず距離を感じたり、子どもによっては不登校になってしまったり……

中学受験は、親も大変ですが、その後も過保護にならない程度に子どもの精神的ケアも大切だと思うのです。


私学の入試もそんなに簡単じゃないよ!!
by hata_28ych | 2011-02-07 02:16 | Comments(0)

聖光学院 48期卒業式

d0075741_1461017.jpg

d0075741_146119.jpg

d0075741_1461161.jpg

d0075741_1461136.jpg

d0075741_1461131.jpg

d0075741_1461176.jpg

d0075741_146118.jpg

48期生卒業おめでとう〓

年にもよりますが、高校卒業式と中学入試の合格発表日が同じというのは、いいですね!

卒業生にとっては、合格を決めたあの日のことを懐かしみ、六年生にとっては六年後の自分の姿とこれから始まる聖光の生活に想いを馳せる………(*^_^*)

紺学年の新旧が顔を合わせることはなくとも、同じ空間にいる。とても素敵なことだと思います。

さて、私は、自宅から自転車で聖光に立ち寄り、そのまま関内まで行き、西日暮里に来ました。

横浜方面からだと京浜東北線で一本とはいえ疲れます(T_T)

12時半に関内を出て、着いたのが13時半ですから、一時間かかります。

実は、開成中高に行ってきたのです。

ちょうど帰る生徒さんがたくさんいて開成の制服を久しぶりに見ましたが、中学生は左に金の校章をつけ、右に学年組章を縫い付けます。

ボタンも黒なので一層凛々しく見えますね!!

ちなみに高校生は、左にいぶし銀の校章をつけます。

そして、珍しい生徒をみかけました。

中1か中2の子ですが、制帽をかぶって通学していたのです。バイオリンらしきものを持ち、この時間になぜか駅から学校に向かってましたが。。。

普通、制帽は買っても入学式に一回かぶったっきりというのが多いですが、ごくまれにその後もかぶっている子がいます。

以前、京浜急行の車内で冬に見かけたことがありますが、中1?冬までかぶっているのは珍しいな、と思ったのですが、

今日の子は、帽子の形からかなりかぶりこんでいる様子。開成生としての誇りをもち、毎日大切に愛用しているのでしょうね。なんだか、ほほえましい光景でした。
by hata_28ych | 2011-02-05 14:06 | 中学入試 | Comments(0)

卒業式

今日は、卒業式ですね。48期のみなさんおめでとうございますm(__)m

そして、今日は、二回目入試の発表日ですね!!

別れと出会いの日です。
by hata_28ych | 2011-02-05 07:58 | Comments(0)

∵*:.゜..゜.:*∵日々の出来事を綴るブログ。。。山手の丘から愛を込めて(*uωu*)∵*:.゜..゜.:*∵
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28