ブログトップ

★お散歩日和★ ~ご当地紀行~

<   2011年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

選手による義援金協力のお知らせ

2011年 3月29日
選手による義援金協力のお知らせ
このたびの東日本大震災の被害に対し、横浜ベイスターズの秦裕二選手が被災地への義援金として、「日本赤十字社」を通じて50万円を寄付することになりましたので、お知らせいたします。
by hata_28ych | 2011-03-29 17:19 | プロ野球 | Comments(0)

<福島第1原発>3号機の中央制御室が点灯 全機に外部電源

これって希望の光???

ただ相変わらず横浜市内の放射能値は高いのです。。。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/saigai/

通勤・通学で心配です・・・



東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発の電源復旧作業で、東電は22日夕方までに、4号機への外部電源の接続を終了。4号機経由で3号機に電気を送るための作業も完了し、3号機の中央制御室が同午後10時43分、点灯した。既に接続を終えている2号機から1号機へ、5号機から6号機へ電気を送る作業も終え、すべての号機で外部電源から電気を受け取る態勢が整った。



 東電によると、今後の復旧作業はまず、3、4号機の中央制御室がある建屋内の設備を点検し、通電が可能な状態にした上で、原子炉を監視する中央制御室を点灯。各種機器の健全性を点検した後、原子炉、使用済み核燃料プールの冷却機能の復活を目指す。



 中央制御室が復旧すると、ヨウ素などの放射性物質を取り除く空調や照明が使えるようになり、作業効率が大幅に改善する。現在は最低限しか作動していないさまざまな計器類も復活し、より正確に原子炉内の状況などを把握できる。



 東電は当初、建屋の損傷が少ないため外部からの放水による冷却が難しい2号機を優先して電源復活作業を進めてきた。しかし21日に2号機と3号機の建屋から煙が上がり、作業員が一時避難して作業を中断。22日にも2、3号機から白煙が上がっているのが確認されたが、東電は使用済み核燃料プールから上がる水蒸気で影響はないと判断、作業を再開していた。



 一方、経済産業省原子力安全・保安院は22日、2号機の使用済み核燃料プールが満水になった模様だと発表した。同プールには20日、消防用ポンプで約40トンの海水を注入、さらに22日も注水したが、18トン入れた時点で、「満水」を知らせるセンサーが作動したという。水温は51度(30度前後が安全な状態)と推定される。
by hata_28ych | 2011-03-23 00:19 | 日常 | Comments(0)

ベースボールカード

d0075741_2352973.jpg


カードの価値が全然わからないのですが、これってすごいのでしょうか???
選手にもよると思いますが。。。

01/57

です。

ベイスターズの選手のものです。
by hata_28ych | 2011-03-21 23:05 | プロ野球 | Comments(0)

やっと

d0075741_2222046.jpg


やっと、USBを暗号化したものに変更できました。
万が一落としたときに、個人情報が外に漏れてしまう恐れがあるからです。

でも、パスワードをかけていればひとまず安心でしょう。
by hata_28ych | 2011-03-21 22:02 | 日常 | Comments(0)

県高校軟式野球秋季大会:Y校初戦は三浦学苑 2010年9月16日

d0075741_1232854.jpg高校軟式野球の県秋季大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)の組み合わせ抽選会が15日、鎌倉市の栄光学園高で行われ、出場21校の対戦カードが決まった。今夏16年ぶり6度目の全国選手権に出場した横浜商(Y校)は、初戦で三浦学苑と対戦する。

 大会は19日に栄光学園高で開始し、10月10日に保土ケ谷・神奈川新聞スタジアムで行われる決勝まで熱戦を繰り広げる。上位2校が10月28日から4日間、栃木県総合運動公園野球場で行われる関東大会に出場する。

 この日は開会式も併せて行われ、横浜商の井上雄大主将(2年)が「支えてくれる人に感謝を忘れず、最後まで正々堂々戦います」と宣誓した。

写真は、★聖光学院 野球部主将★(高2)
by hata_28ych | 2011-03-21 12:04 | 高校野球 | Comments(0)

ベイスターズVS西武 & ベイシェラトン

d0075741_22233334.jpg

d0075741_22233353.jpg


ベイスターズのファームの開幕戦に行ってきました。
放射能の心配もあったけれど・・・

打順 ポジション 選手名 背番号
1 セカンド 渡辺 2
2 ショート 石川 7
3 レフト 金城 1
4 サード 村田 25
5 ライト 吉村 31
6 センター 森本 5
7 ファースト 筒香 8
8 キャッチャー 武山 61
9 ピッチャー 山本 15


埼玉西武/野上(6回)-星野(1回)-坂元(1回)-岩崎(1回)

横浜/山本(6回)-阿斗里(1回)-秦(1回)-佐藤(1回)

HR:浅村ソロ(西) 吉村ソロ(横)


結果は、13-5・・・(泣)


秦くんが出てきたときは、球場にはいなかったけれどもう少し見ていればよかったかな・・・?

その後に行われた選手会による募金の時には、もう球場を後にしていました。


d0075741_22233386.jpg

16:30横浜ヨドバシでテンキーとUSBを購入。
17:00からは、ベイシェラトンのコンパスでディナーを楽しみました。とても、とても和牛のローストビーフがおいしかった。

それと、いかのにぎりもコリコリしていておいしかった。
マグロも。

19:00ころ、ベイシェラトンの中で元ベイの河原さんを発見★★
幸せな気持ちになりましたー(^^)河原さん大好き☆
by hata_28ych | 2011-03-19 22:23 | 心の旅 | Comments(0)

2011年 ファーム・シーズンパス

d0075741_22115533.jpg

d0075741_2211555.jpg

今日は、ファームの開幕戦。
開幕戦なんて、1軍・2軍合わせても行くのは初めて。

今年は、1度やってみたいと思っていたシーズンパスに入会しました。
年に10回も横須賀にいけるかはわかりませんが・・・


ちなみに特典は・・・

■ファーム オリジナルグッズ
公式戦来場1回目に「ファーム・オリジナルグッズ」を1個プレゼント!
売れ残りのベイスターズユニホーム型ティッシュカバーでした。値段1,300円がマジックで消されていた(笑)

■20回来場Tシャツ
ご入場の度にシーズンパスにスタンプを押します。20個以上集めると「ファーム・オリジナルTシャツ」をプレゼントします。

■シーズンパス 特製パスケース
便利なパスケースをプレゼント!

■打撃練習見学
試合前の打撃練習を見学できます。見学は天候等により当日見学中止になる場合がございます。予めご了承さださい。

■シーズンパス限定スターティングメンバー体験(抽選)
指定日に応募された方の中から当選者が試合開始時に各ポジションに配置、選手からサインボールをプレゼント

■シーズンパス限定ヒーロー選手と写真撮影(抽選)
横須賀スタジアムで勝利した日に限り、1試合抽選で10名様とヒーローインタビューの選手が一緒に写真撮影(シーズンパスご購入時の登録者様に限ります。)


さて、どうなることやら・・・
ためしにやってみましょう。

http://www.baystars.co.jp/farm/seasonpass/
by hata_28ych | 2011-03-19 22:11 | プロ野球 | Comments(0)

小田和正よりメッセージ2

被害にあわれた人たちその関係者のひとたち、その悲しみ、つらさが想像を遥かに超えて伝わってきて。テレビに映るみんなの顔を見るたびに胸が詰まります。

みんな、家族と自分を大切に守ってください。近くの人と支え合ってください。
そしていつか、きっと、笑顔で会えるその日まで、一緒にがんばりましょう。

                     小田和正
by hata_28ych | 2011-03-16 20:03 | 日常 | Comments(0)

福島第1原発2号機、再び燃料が全露出

産経新聞 3月15日(火)0時2分配信

 東京電力によると14日午後11時の時点で、福島県の福島第1原発の2号機で、燃料が再び全て露出した状態になった。

 東電によると、原子炉内の蒸気を逃す弁が閉じたため炉の圧力が高まり、炉内に水を送れなくなった。





もう日本ダメかも・・・



大津波・・・

「計画停電」とか5つのグループに分けて停電とか、電車動かないとか、駅も閉鎖、街も節電・・・なんかしんちゃんの映画の世界みたい。。。

そして、水素爆発に、放射能漏れ・・・

死にたくない。。。

緊急事態だよ。でも何もできない。なんとか政府が国を挙げて、国民の命を守って!!
by hata_28ych | 2011-03-15 00:17 | 日常 | Comments(0)

小田和正よりメッセージ

小田和正 / 2011-3-13 21:54:25

何から書いていいのか分からない状況です。

今回のツアーのリハーサルの最中あの地震が起こりました。ただ事ではないことは、体が感知しました。震源が東京でないとすれば、どこかがとんでもないことになっているはず。

思っていたより、さらにずっと大きな災害になりました。一昨年呼ばれてコンサートに行った大船渡、自分には第2の故郷の仙台をはじめ多くの街が壊れました。連絡のまだ取れないでいる知人もいます。みんなの中にもそんな人たちがたくさんいるはずです。

こんな気持ちのままツアー初日を迎えて「ど~も!」とにこやかにみんなの前に飛び出して行けるのか、そんなふうにしてよいのか、今自分のやるべきこと、出来ることは何なのか、といろいろなことが頭の中を駆け巡っています。静岡のエコパに来られなくなった人、どうしようかと迷っている人、たくさんいらっしゃるでしょう。この判断は早急に下さなければと思っています。

まだ大きな余震の可能性があると聞きました。原発のこともあります。これ以上たいへんなことが起こらないよう、みんなが無事であるよう、祈っています。

つらいけど、みんな頑張りましょう。


                                                        小田和正
by hata_28ych | 2011-03-13 20:03 | 日常 | Comments(0)

∵*:.゜..゜.:*∵日々の出来事を綴るブログ。。。山手の丘から愛を込めて(*uωu*)∵*:.゜..゜.:*∵