ブログトップ

★お散歩日和★ ~ご当地紀行~

<   2016年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

文武両道

素敵な記事だったので引用転載させていただきます。


|東大に
|行くかもしれない
|少年ゴルファー

文武両道、まっとう中の少年に会いに行きました。
がむしゃらに、というよりわりとナチュラルにやってのけている印象。「子どもが勉強嫌いで」と悩んでおられるお母さん方に、ひとつの例としてレポートしますね。
彼は先ごろ神奈川県アマの準決勝で69を出してメダリストにもなり、和歌山国体に向けた関東ブロック大会の神奈川代表にも選出されました。井上達希くん、高校1年生。有数の進学校である聖光学院に中学から通っています。進学校……ふつうは内情もわからないですよね。
まず学校を訪ねると、10年前から友人だったかのような人懐こさの校長が出迎えてくれました。ゴルフ部はありません。しかしゴルフの試合に出かける達希くんを公欠扱いにするなど、校長裁量による支援体制があるようです。

――進学校の生徒は、ひたすら勉強しなくて大丈夫なんですか?

校長: いや彼は成績いいですよ。スポーツと勉強の間で、時間の使い方をちゃんと工夫するものです。お、来た来た、達希!

――あれ、校長先生とそういう仲?

井上: はい、よく話しに来ています。
校長: そうだよな、たまにゴルフの話もするし。

――ふうん……校長、先ほどの答をもう少し。

校長: 人口が多かった昔は、スポーツをやる子、勉強する子に分かれていましたよね。しかし今の子は、いろんなタレント性を磨くべきです。本人がゴルフやりたいって言うんだから、じゃあ頑張れよ、と。学校としては中高6年を通じて自分の資質を見極めるよう指導して高3で方向性を決めてもらう。少子化で若年人口が少なくなっているのですが、多角的に能力を発揮する人材が育たないと、日本の将来はないのです。勉強もうまくやっているだろ、達希!? 中3のときは学年で15位くらいのときもあったよね。

井上: それはいいときかな。でも学年成績で上位5分の1くらいに入ることを心がけています。ゴルフの試合が多い1学期はやはり勉強に割ける時間が少なくてちょっと大変ですが、2、3学期はまた頑張ります。やることは3つくらいしかないじゃないですか。ゴルフ、勉強、友達と遊ぶ。ゴルフは移動時間も長いので、そこで英単語を覚えるとか、なんとか足りるようにしています。高校になって宿題が増えたので、すぐ夜になっちゃうんですよね、それが最近の悩みです。遊ぶ時間は減っています。

――ゴルフの練習はいつやっているんだろうか。

井上: 週3回くらい学校の帰りに行ってますよ。

――ホントにそれで、双方高水準な成績にできるもの? 目指す大学もあるんですよね?

校長: 予備校的な授業ではなく、トータルで学力がついていくんですね。学年で150位くらいまでは東大に入れますから、大丈夫ですよ(笑)。

やや別世界な会話の途中ですが、続きは次回。まだゴルフ上達の話も聞いてない。今わかっているのは、達希くんは決してゴルフの申し子のような少年ではなかったいうこと。


文武両道少年 2

|サッカーボールを
|蹴ると転んでいた子が
|国体の県代表へ?

進学校に通うゴルフ少年は、高校を卒業するころ、いったいどうなっているのでしょう。校長先生からは、今の成績を維持すれば問題なく東大、といった発言も! 和歌山国体に向けたブロック大会神奈川代表という実力者・井上達希くん(高1)の話の続きです。

――学力が高い子の群れの中で、学力が上がるはずの授業に食いついていけば、高い学力がキープされる、そういうことなのかなと想像してみました。合ってますか?

校長: それもあるし、勉強もゴルフも、どう吸収すべきかを本人が俯瞰して戦略的にやっているんじゃないですか? ゴルフはどうやっているんだ、達希?

井上: 体が弱い自分が力ではなく真っ直ぐ飛ばすには、っていうところから入っています。

――さすが、理路整然としていそう。

井上: サッカーボールを蹴ると転んでしまう子だったんですよ、ボク。テニスはまだマシ、野球のバットで打つのはまぁまぁ、という中、ゴルフを始めました。でも体の芯が弱いからダウンスウィングで体が右に倒れちゃう。

――ジュニアゴルファーによくある形のスウィングですね。

井上: はい。でもこの癖は逆手にとればいいと考えました。倒れすぎないよう気をつければ、ちょうどいいアッパー気味のインパクトになってボールが飛ぶぞ、って。これは成功していると思います。そしていつの間にか、左手の甲を張る形のインパクトが身につきました。クラブのロフトが立ってスピンが減り、もっと飛距離が出ます。この2つの個性を育てているところです。

校長: まぁ指導者がいいんだろうね。

そう、井上達希くんは、プロゴルファーのコーチも務める井上透氏の息子。そりゃ特殊環境じゃないかと思うかもしれないが、下調べしたところ英才教育は特になし。ただ間違ったスウィングを覚えることがない環境はあったと言えます。

――当の父親は、「勉強する頭でスウィングを作っちゃった」と、むしろ感心していました。。

井上: 個性に合ったスウィングが大事とは聞かされてきました。トラックマンでチェックしてもらう機会もあります。必要に応じて質問したり。

校長: なかなか頼もしいね。他の部活の生徒より余計に休んでいるくらいだけど、承認している甲斐もある(笑)。

井上: あと、週末はいつも家族4人で千葉にゴルフに行っています。ただ回って遊んで帰ってくるんですけど。

――毎週、家族で小旅行って感じ? 生活の中にゴルフがフツーにあるわけね。そういう環境であれこれ構想を練ってきた、と。

井上: はい、楽しくやってます、ゴルフ。

――父親として井上透さんなかなかやるな! と思いました、今。


by hata_28ych | 2016-01-30 10:56 | 中学入試 | Comments(0)

偶然に…@上大岡

信号機がすべて消えた瞬間が撮れました^_^
d0075741_15542430.jpeg

by hata_28ych | 2016-01-27 15:54 | 日常 | Comments(0)

佐野金@上大岡

kamamakura kaidou
Kとdの文字が長〜い(笑)
d0075741_15344623.jpeg
佐野金本店
上大岡には本店と支店2店あります。
支店のほうのチャーシューはバラ肉ではないのでパサパサ。パサパサが好きな方は支店へ、バラ肉が好きな方は本店がオススメ。
金沢文庫にも佐野金があったけど、まだあるのかな?
d0075741_15352889.jpeg
こちらはお昼のランチ。
ラーメン定食850円。

さっぱりなスープにちぢれ麺。
ネギとスープの相性
スープとチャーシューの相性が抜群。
あっさり味が好きな人にはいいかも?

餃子は、もっちりしっかりな皮ににんにくたっぷりな具!食べ応え満点です!

普通のラーメンが600円で餃子が300円?だったかな?
2つ頼むと900円。チャーシュー麺は900円だったかな?
量的には多いかな、と感じましたが、お得感に誘われてラーメン定食にしちゃいました(笑)
ランチってホントお得!!
d0075741_15354530.jpeg

by hata_28ych | 2016-01-27 15:34 | らーめん | Comments(0)

個別郵送でのサイン依頼についてのお願い

選手の負担、ファンレター数の増加、平等に対応できない………


確かにそうだけど、遠方のファンの人には、辛いよね…ハマスタでは、エキサイティングシートくらいしか最近はもらえないし…内野指定も高い席しかグランドに寄れない。

以前のようにオフの選手イベント(サイン会など)も全然ないし。。。これも、観客動員数が増えてファンが増加したからなのか?

遠方や子どもたちのことを考えるととても残念な気がします。


最近、このようにTTMをやりません、という球団が増えてきたような…


以下引用

日頃は、横浜DeNAベイスターズへの多大なるご声援をいただき、誠にありがとうございます。

現在、ファンの皆さまから、球団事務所や横浜スタジアム、キャンプ地、各地宿泊先に選手や監督・スタッフに対して、サインの依頼を個別郵送いただく場合がございます。

横浜DeNAベイスターズは、選手のコンディションや練習・試合準備の時間の確保などに考慮しながら、ファンの皆さまと対面させていただくことができる場所では可能な限りファンサービスに対して積極的に取り組むようにいたしておりますが、ご郵送いただく形でのサイン依頼の数が非常に増加しており、すべての方々のご依頼に対して平等に対応することが困難な状況です。

そのため、球団として今後は「ご送付頂いた色紙・グッズ等へのサイン対応やご返信」は行わない方針とさせていただきますので、ご理解いただけますようお願い申し上げます。

なお、ご送付頂いた色紙・グッズ等の返却は行いませんので、ご了承ください。

遠方にお住まいの方など、様々な事情で直接スタジアムなどにご来場いただけないファンの方も多くいらっしゃるかとは存じておりますが、ファンの皆さまには現状をご理解いただき、ご協力くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。


by hata_28ych | 2016-01-26 22:11 | プロ野球 | Comments(0)

ダメ元で

「選手直筆サイン入り卓上カレンダー」を抽選で10名様にプレゼント!
d0075741_21553054.jpeg
11月27日(金)の入団会見当日に書いた「新入団選手の直筆サイン色紙」を抽選で10名様にプレゼント!
d0075741_21553861.jpeg

に応募してみました。
なかなか倍率高くて当たらないんだけど…
ダメ元で…

以前、新人のサイン色紙が当たったと思ったら、OBのサイン色紙だったということが…まあ、当たったんだから感謝しなくちゃだけど…(>_<)

当たるといいな〜ほし

by hata_28ych | 2016-01-23 21:55 | Comments(0)

尾木ゼミ生もバス事故の犠牲に 教授、声震わせる

 14人の命が奪われたスキーツアーのバスの転落事故。長野県軽井沢町中央公民館近くに設けられた臨時の遺体安置所には15日午後、犠牲者の遺体を納めたひつぎが、次々と運び込まれた。遺体の確認に訪れた遺族らは警察関係者に先導され、険しい表情で安置所に入った。中からは、遺族とみられる女性の「ワーッ」という叫び声が響いた。

 ツアーには、法政大キャリアデザイン学部教授で教育評論家の尾木直樹さん(69)のゼミに所属する3、4年生計10人も参加していた。亡くなった3年生の西原季輝(としき)さん(21)=千葉県市川市=は、3月上旬に予定されているゼミの同窓会の幹事役を務めていたという。

 尾木さんは「みんな明るく、とても仲良し。先日も『スノボに行く!』と喜んでいたので、楽しんでおいでと声をかけたのに。こんなことになるなんて……」と声を震わせた。

 同じゼミでは林晃孝さん(22)=川崎市=も犠牲になった。小学校の同級生で同じサッカーチームに所属していた大学生の男性(22)は「すごく優しい人だった。すごい悲しいです」。

 亡くなった東京農工大1年の小嶋亮太さん(19)=東京都小金井市=は昨年まで埼玉県立不動岡高校のラグビー部で活躍。同大でもラグビーを続けていた。

 「ぼく、小学生のとき、ラグビースクールに通っていたんです。もう一度、高校でラグビーをやりたくて入部しました」。不動岡高ラグビー部顧問の藤間禎(とうまただし)教諭(47)は、小学生の時のジャージーを手に、部にやってきた小嶋さんとの最初の会話を覚えている。

 地道に密集に飛び込んでいくスタイルでチームに貢献した。「彼のラグビーは真面目な人柄そのもの。本当に残念です」と藤間教諭は言葉を振り絞った。

 亡くなった大谷陸人(おおやりくと)さん(19)=東京都杉並区=も小嶋さんと同じ東京農工大のラグビー部員。近所の女性(47)は「はっきりとあいさつする好青年。ニュースを知って、まさかと驚いた」。

 早稲田大では4年の阿部真理絵さん(22)と田端勇登さん(22)らが犠牲になった。阿部さんの父親は15日夜、さいたま市大宮区の自宅マンション前で「本当に明るくて、希望の会社に就職が決まって、配属がどこになるかというのがもうすぐ来るという状況で。非常に楽しみにしていた。本当に信じられない」と目を赤くして語った。

 東京都渋谷区の田端さんの自宅では、遺体を迎えにいった家族が号泣しながら帰宅。親戚の男性によると、田端さんも4月から金融機関への就職が決まっていたという。この親戚は「この前、自分の引っ越しを手伝ってくれて仲良くなったばかりなのに」と目頭を押さえながら話した。
by hata_28ych | 2016-01-16 00:08 | Comments(0)

平成28年度帰国生入試

今年も帰国生入試が始まりましたね。今年は、126名の出願がありました。進学実績の向上とともに、年々出願者数も増加傾向にあります。

今は東大何名!
とかいう時代になってしまいましたが、一昔前は、そういった雰囲気はなく、学校の雰囲気もだいぶ昔とは変わってしまいました。

しかし、昔にはない先進的な取り組みもまた今の学校の魅力になっていると思います!

来年度は、59期、赤学年の入学ですね!
もうすぐ60期生の入学だなんて、つい最近50期が入学卒業したような気になっていましたが、時は確実に流れています。

中3は、今日から志賀高原でのスキーに出かけております。
d0075741_21570565.jpeg

by hata_28ych | 2016-01-09 21:45 | 中学入試 | Comments(0)

青学大・神野大地ら「彼女いる?」にYES


 箱根駅伝で2連覇を達成した青学大の駅伝メンバーが4日午前、日本テレビ系の情報番組「PON!」に生出演し、素顔の生トークを披露した。

 青学大のメンバーは「最強ランナーズ」として全区間を走った10人と原晋監督(48)らが出演。

 ぶっちゃけトークで「正直彼女がいる」という質問には5区を走った「山の神」神野大地もYESと答えた。

 スタジオのタレントからは「そんなこと言っちゃっていいの?」と心配の声も上がったが、原監督は「全部知っていますから」とハッピーな余裕の笑み。「ハッピーな気持ちで来年も連覇を狙います」と話していた。

 


by hata_28ych | 2016-01-04 20:23 | Comments(0)

マラソン挑戦、引退… 箱根わかせたランナー、次の一歩

d0075741_20244095.jpeg
 青学大の“完全優勝”で幕を閉じた今年の箱根駅伝。選手たちの次のステップは、すぐに始まる。

 青学大の主将で5区を走り、「山の神」と呼ばれた神野大地は「もう大学生活は終わりなので、社会人になってマラソンで五輪を目指したい」と優勝会見で語った。実業団の強豪、コニカミノルタへの入社が決まっており、15日には東京都内の寮に入る予定だ。かつて山の神と呼ばれた東洋大出身の柏原竜二(富士通)や順大出身の今井正人(トヨタ自動車九州)と同じように、数年かけてマラソンに移行する。

 箱根を目指しながら、そこにとどまらず世界を意識する選手が増えてきたのが最近の傾向だ。リオデジャネイロ五輪イヤーの今年は、学生のうちからマラソンに挑戦する選手が例年になく多い。

 2月の東京マラソンには、青学大から5人がエントリーする予定だ。箱根でエースが集う2区を務めた一色恭志は初の42・195キロに挑む。「マラソンにむけて、箱根が終わっても気を抜かずにいく。自分としては、まずはしっかり休んで、次の練習をつんでいきたい」。10区の渡辺利典は「青山学院でゴールテープを切ったのを誇りに思って、東京マラソンを走りたい」と話した。
by hata_28ych | 2016-01-04 20:19 | Comments(0)

日本航空高校

今年、一発目は日本航空高校に行ってきました。
d0075741_16484675.jpeg
学校から少し離れたところに学校の看板と飛行機があります。
d0075741_16491056.jpeg
こちらが正門。
d0075741_16493037.jpeg
d0075741_16495054.jpeg
d0075741_16500834.jpeg
こちらは、通用門。
d0075741_16504122.jpeg
d0075741_16505249.jpeg
d0075741_16510607.jpeg
航空高校からの富士山!
d0075741_16512269.jpeg
d0075741_16515294.jpeg

by hata_28ych | 2016-01-04 16:48 | 中学入試 | Comments(0)

∵*:.゜..゜.:*∵日々の出来事を綴るブログ。。。山手の丘から愛を込めて(*uωu*)∵*:.゜..゜.:*∵