ブログトップ

★お散歩日和★ ~ご当地紀行~

<   2016年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

マンション

このマンションどうかしら?
環境的な問題もあるけれど、立地はそう悪くない?

大岡川の桜が観れるのは魅力的かも?

「Y校前」の表記が間違っているのが気になる…
「Y高前」って…
d0075741_00280879.jpeg

by hata_28ych | 2016-12-31 00:27 | Comments(0)

グランベリーモール

ベイサイドマリーナも好きだけれど、グランベリーモールも雰囲気が好きでたまに来ます。
でも、もうすぐ閉館というショックな情報が…
d0075741_23515590.jpeg
d0075741_23492948.jpeg
なんだか寂しい…
一時閉館なので、またリニューアルオープンをするのだと思うけれど…
d0075741_23494049.jpeg
d0075741_23495358.jpeg
この壁画、目を引きます。すごいな〜と思ってよく見てみると
d0075741_23501875.jpeg
おお!!
d0075741_23503247.jpeg
ペットボトルのキャップ‼️
d0075741_23504792.jpeg
10ヶ月もかかったんだ!すごい!
キャップがワクチンになるのは、有名な話だけど、約860個(約2キロ)集めてやっとポリオワクチン1人分(20円)。果てしない数。
でも、たとえ1人でも、1つでも多く集めることができれば世界の子どもたつが救える。こういう活動もいいかもしれない。

でも、以前、エコキャップ推進協会が不正を働き、リサイクルによって得られたお金を寄付していなかったことが判明したのは記憶に新しい出来事。残念でした。

なかなかできないけれど、本気でやろうとするならば、やっぱり人任せでなく自分の力で最後までやらなきゃダメなのかな、と思った出来事でもありました。
d0075741_23510654.jpeg
冬のこの光景も好きだったのよね。
d0075741_23512756.jpeg
d0075741_23521052.jpeg
グランベリーこのあとどうなっちゃうのかしら?

by hata_28ych | 2016-12-30 23:46 | 日常 | Comments(0)

クリスマス

あんなに楽しみにしていたクリスマスも終わってしまい、今日は、クリスマスツリーを片付けました。
寂しいけど、また来年‼️🎄

d0075741_01531834.jpeg
d0075741_01532912.jpeg

by hata_28ych | 2016-12-27 19:48 | 日常 | Comments(0)

箱根駅伝

今年は、どんなレースになるのか?
d0075741_00351889.jpeg

by hata_28ych | 2016-12-26 21:34 | 日常 | Comments(0)

かくれ処

知り合いのお医者さんに教えてもらったお店。かくれ処 藤(笑)
まだ行ったことはないけれど…
Y校近くにあります。
d0075741_00364594.jpeg

by hata_28ych | 2016-12-26 16:36 | 日常 | Comments(0)

ほしいなぁ〜

大谷くんと浅間くんのほしいなぁ〜
でも札幌ドームの定期券だから買えない…

斎藤佑樹は、来年から背番号が18→1へ。
どうなるのかしら?
頑張ってほしいです。
d0075741_19242309.jpeg
d0075741_19243258.jpeg

by hata_28ych | 2016-12-24 19:23 | プロ野球 | Comments(0)

みなとみらいへ

d0075741_15334733.jpeg
d0075741_15341655.jpeg
d0075741_15511113.jpeg

by hata_28ych | 2016-12-23 15:33 | Comments(0)

極楽湯

極楽湯へ。
やっぱり、温まる!
でも、ゆっくり掛け流しの温泉に行きたいなから
d0075741_19162863.jpeg
そろそろこの季節ですね!
d0075741_19164665.jpeg

by hata_28ych | 2016-12-20 19:16 | 温泉 | Comments(0)

50歳で東大合格した主婦 かなえたかった「一族の夢」

安政さん、尊敬するなぁ〜50歳で東大合格!もともと京大受けたり、東大受けたり、一族で東大を受けるほどのお勉強が出来た家とはいえ、もう1度東大受験をしよう!と思うところに尊敬。


私もあと、10年もしたら大学院行きたいな〜以下引用。



 大学を受験するのは、何も若者ばかりではありません。安政真弓さん(54)は50歳の時に東京大学への合格を果たし、体験記『普通の主婦だった私が50歳で東大に合格した夢をかなえる勉強法』を出版しました。「年齢にかかわらず、挑戦し、学ぶことで人生が豊かになる」と語ります。

     ◇

■「またか」と思ってしまったワケ

 50歳で東大を受けようと思ったのは、2011年に次男が第一志望の東大に落ちてしまったことがきっかけでした。次男にとってはその時が初めての受験。それなのに私は「またか」と思ってしまったんですね。

 私もかつて、東大を不合格になっています。現役生の時に京都大に落ちて、1浪、2浪の時には東大を受験したけれどダメ。最終的に早稲田大に進学しました。私だけではなく、弟もいとこも東大不合格。その昔には、父も挑戦して落ちています。一族でことごとく不合格になっている歴史があるんです。だから、「ああ、またダメだったか」と。

 親としての息子への思いとは別に、どこかに残念さが残っている。この残念さを解消するには、自分自身が受験するしかない。東大合格して一族の夢を果たそう、と心に決めました。

 息子たちには3月に「お母さん、受けようと思う。秘密にしてね」と伝えました。夫に言ったのは9月ですね。その間、自宅のある姫路から岡山まで泊まりがけで模試を受けに行ったりしているのに、夫は全然気づいていませんでした(笑)。

 なんで秘密にしていたかというと、私はプレッシャーに弱いんです。周囲に期待されて「頑張ってね」と言われると、「期待に応えなくちゃ」とすごくプレッシャーを感じてしまう。昔、受験生だった頃も模試はA判定だったのに、「もしダメだったらどうしよう」と緊張して、実力を発揮しきれませんでした。

 だから今回は、ごく限られた人にしか受験することを打ち明けませんでした。成功の要因としては、それが非常に大きかったと思います。一緒に受けた次男は残念ながら不合格(早稲田大に進学)でしたが、「よかったね。おめでとう」と祝福してくれました。

■記録で埋まった手帳が自信に

 受験勉強には手帳を活用しました。これからやることを鉛筆で、やり終えたことはボールペンで書き込んでいくんです。「数学をやろうと思ったけど、やっぱり日本史にしよう」ということもありますよね。そんな時、鉛筆ならすぐに消して予定を書き直せます。

 やったことを書く、ということは何もやらなければ真っ白。それがいい意味での緊張感につながる。中だるみしそうになった時や落ち込んだ時には、手帳を見返して、「こんなにやってきたんだから実力がついているはずだ」と言い聞かせるんです。

 それから、3カ月ごとに目標を設定する、というのもオススメですよ。1年は長過ぎてどうしてもダラッとしてしまいがち。1年を3カ月×4本と考えて、3カ月単位で近い目標を立てた方が、結果として身につくことも多いのではないでしょうか。

 ノートをキレイにとった方がいいと言う人もいますが、飾っておくようなノートをとっても、実際に頭に入っていなければ意味がありません。「キレイなノート展覧会」に応募するならともかく、あくまで覚えるためにノートをとっているわけですから。私がキレイにノートをとれないから、そう思うのかもしれないですが(笑)。

 若い頃に比べて苦労したのはスピードですね。考えるスピードが遅くなっているので、センター試験の数学や理科で時間切れになるのは間違いない。それなら、残りの文系教科で点を取ろうと。暗記ものは年齢が上がると不利になるという人もいるんですけど、国語や社会は読書体験や人生経験を重ねた分だけ、若い子より有利なのではないかと思います。

■挑戦が人生を豊かにする

 もうすぐ卒業ですが、大学生活は楽しかったですね。若い友達もできましたし、「いつかは」と思っていた海外留学の夢もかなった。古代ギリシャ語やラテン語も読めるようになりました。卒業後もやりたいことがいっぱいで、ワクワクしています。

 私の東大合格を知った昔の仲間の一人は「僕も勉強したくなった」と言って、会社に行きながら大学院に通い始めました。「老後の楽しみに、定年退職したら東大へ行く」と言っている知人もいます。大学は18歳で入らないといけないわけではありません。何歳になっても、やりたいことがあればチャレンジしてほしい。

 私の好きな言葉に「成功はプラス1、失敗はプラスマイナス0」というものがあります。挑戦して頑張ることには、それ自体価値がある。成功したらプラス1だし、もしダメでも元の状態に戻るだけ。失うものはありません。チャレンジしたいけどやっぱりやめよう、どうせムリだと諦めてしまうのはもったいない。挑戦し、学ぶことで人生が豊かになります。勉強は楽しいですよ。

     ◇

 やすまさ・まゆみ 東京大学4年生。1962年、兵庫県姫路市生まれ。県立姫路西高校卒業。2浪の末、82年に早稲田大学第一文学部に進学。卒業後に地元に戻り結婚。主婦生活のかたわら、2005~12年には自宅で中学生向けの補習塾も開いていた。12年の東大合格を機に上京。教養学部教養学科・地域文化研究分科でイタリア地中海研究コースを専攻し、2014年秋から1年間、仏ストラスブール大に留学した。趣味は勉強・宝塚観劇。


by hata_28ych | 2016-12-19 22:07 | 教育news | Comments(0)

いろんな人

この世の中には、本当にいろんな人がいるんだなぁ〜としみじみ。

生まれてきたときは、みんな同じ。同じ時間が与えられてる。
でも、平等ではないのかもしれない。

たくさんの愛に包まれて生まれてくるはずなのに、そうでない子もいる。
愛は、平等ではないのかもしれない。

学力は?
いつから差がつくのだろう。

じあたまが良い人、財力、環境によっても違う。

なんか考えさせられたなぁ〜

本当の幸せってなんだろう?

by hata_28ych | 2016-12-19 00:37 | Comments(0)

∵*:.゜..゜.:*∵日々の出来事を綴るブログ。。。山手の丘から愛を込めて(*uωu*)∵*:.゜..゜.:*∵