ブログトップ

★お散歩日和★ ~ご当地紀行~

一品香

一品香行って来ました!
いつものサンマーメン!
d0075741_10033225.jpeg
d0075741_10264139.jpeg
d0075741_10271964.jpeg
ハマスタに行ったら平日なのに完売。・°°・(>_<)・°°・。
d0075741_10371702.jpeg
残念なので、お土産かってきたく。
d0075741_10374284.jpeg
関内駅のすぐ近くのタワーマンション。
窓の大きな角部屋に住む人ってどんなひとなんだほ?
d0075741_10380046.jpeg

# by hata_28ych | 2016-05-27 10:26 | らーめん | Comments(0)

念願の!!

午前中、一仕事終えて、やってきました!念願の西遊記!!
2時の時点で5人くらい並んでたかな?
d0075741_01481105.jpeg
そして、肉そば!!
おいしすぎます!!たまらない!
本当は、絶品ギョウザも食べたかったけど、予定があったので我慢!
d0075741_01512088.jpeg
d0075741_01483572.jpeg
その後、丘の上のホームパーティーへ向かいました!


# by hata_28ych | 2016-05-21 01:47 | らーめん | Comments(0)

まさかの…スターナイト完売

d0075741_20364966.jpeg
一般発売が21日(土)なのだけれど、19日付けのインフォメーションで完売のお知らせ。
d0075741_20390512.jpeg
先行だけで完売したってこと?
それも、ほぼゴールドステージの人で…

てことは、来年もゴールドステージにいないと、チケットすら買えないということ…???

それは、困った…なんとか最低10試合行かねば。

# by hata_28ych | 2016-05-19 20:36 | プロ野球 | Comments(0)

ハイキング

とっても疲れましたが、大山のさきの森に行って来ました。日向は暑いけど、日陰はまだ寒い!
d0075741_01223011.jpeg
そして、自然観察。
これはなんていう葉っぱなんだろう?
d0075741_01224269.jpeg
すごく粘り気のあるこの泡。何かの卵がうみつけられてるのかな?
d0075741_01225461.jpeg

# by hata_28ych | 2016-05-16 01:22 | 心の旅 | Comments(0)

仲間

4/22に仲間入りしたグッピー。
仮に4/22から数えると、5/15で24日目。

グッピーの出産は、だいたい28日周期というから、出産までもうわずかと思われる。

14日の夜に出産ケースに入れてみたが産まず、、、
お腹の後ろの黒いところがなぜか白っぽくなってしまい焦る。出産ケースは狭くてストレスになるというので広い水槽に戻したら元どおり黒く戻った…

お腹が四角い以外は
黒いところから稚魚の目玉も見えず、上下の動きも見られず、他、出産の前兆の動きは特に見られず…ひたすらオスが追いかけ回すのみ。まだ出産ケースは早いかなぁ〜

18日くらいまで様子をみてみよう。
とりあえず、オスメスが一緒になってから28日目は19にち。

# by hata_28ych | 2016-05-15 23:45 | 熱帯魚 | Comments(0)

休日 の 公園

根岸森林公園も大好きだけど、公園は基本どこも好きです。
今日は、足を伸ばしてこちら!

新緑がきれい!
心が洗われるというか、日々のストレスから解放されてスッキリした気持ちになります。
d0075741_01123337.jpeg
ミドリガメ。
かなり大きい!
誰かが無断で放流したものが大きくなったのかな?
d0075741_01124937.jpeg
亀の甲羅干し。
d0075741_01130136.jpeg
お花もとってもキレイ‼️
d0075741_01162846.jpeg
d0075741_01165885.jpeg
d0075741_01171273.jpeg
ここは、動物とのふれあいもできるんです!ハツカネズミとか(笑)

近いうちに野毛山動物園にまた行きたいなぁ〜★★
なんていったって無料だから(笑)

中央図書館で本を読んで、動物園コース。
けっこう素敵でしょ♩



# by hata_28ych | 2016-05-15 23:09 | 心の旅 | Comments(0)

散策

森林公園横から散策スタート!!
d0075741_10522062.jpeg
d0075741_10524456.jpeg
関内に降りて〜
一品香。
小田さんそっくり(息子?と思うほど似てます(笑))のマスターの作る絶品サンマーメン。
他の一品香も食べ歩きましたが、関内(福富町)の店舗が一番美味しい!!何度も食べたくなる味です!

味 ★★★★★
マスターイケメン度 ★★★★☆
d0075741_10540758.jpeg
d0075741_10550489.jpeg
d0075741_10552855.jpeg
ハマスタでは、ベイスターズの練習中!!
d0075741_11003270.jpeg
そして、海の方へ。
d0075741_11015126.jpeg
d0075741_11022537.jpeg

d0075741_11315626.jpeg
d0075741_22555741.jpeg
d0075741_22565446.jpeg
d0075741_22573675.jpeg

# by hata_28ych | 2016-05-15 10:50 | らーめん | Comments(0)

ストーリー 脳腫瘍の16歳、作曲支えに(その2止) 僕がいる意味って 毎日新聞 2016年2月14日 東京朝刊

 ◆自問続け「誰かの役に立ちたい」

ひらめきの480曲

 加藤旭(あさひ)さん(16)=神奈川県鎌倉市=が頭痛を訴え出したのは2013年10月初旬、部活動のバドミントンに励む中学2年の秋だった。家族は初め、「ぜんそくのせいかな」と考えた。その持病は、低気圧の影響で発作が起きやすくなるとされ、台風の季節になると、調子を崩すことが多かったからだ。

 しかし、痛みはやがて勉強を妨げるほど強くなり、ある日、授業中に耐えられなくなった。「病院へ行く」。旭さんは母希(のぞみ)さん(43)に携帯メールで伝え、自宅近くの脳神経外科を受診した。磁気共鳴画像化装置(MRI)で、はっきりと脳腫瘍が確認された。

 その2週間後、東海大医学部付属病院で11時間に及ぶ手術を受け、側頭葉から腫瘍を摘出した。だが、1年もたたない14年8月に再発。小脳からの摘出手術を受けた後のMRIで、脊髄(せきずい)にも腫瘍が見つかった。11月から抗がん剤治療を始め、15年2月下旬から4月上旬まで、放射線治療を受けるため入院した。旭さんのA5判の手帳は3月のカレンダーに1日ずつ斜線が引かれている。放射線治療に伴う頭痛や嘔吐(おうと)、倦怠(けんたい)感、脱毛、意識混濁。つらい1日の終わりに、その日を乗り切った印を残し、入院生活の支えにしようとしていた。

 目が見えにくくなり、記憶が途切れ出すようになった。「僕がいる意味って何だろう」。自身に問い続ける闘病生活で、確かなことが一つあった。治療を続けてくれる主治医や看護師、応援してくれる家族や友人、学校の先生に支えられて自分がいるということ。「僕も誰かの役に立ちたい」。そんな思いが芽生えた。

 旭さんには、幼少期に開花した作曲の力があった。3歳でピアノを始め、10歳までに約480曲をつくったが、中学の受験勉強や部活動に忙しくなり、その後の闘病生活ですっかり忘れていた。思い出させてくれたのは妹の息吹さん(14)だ。「誰かの役に立ちたい」という旭さんの言葉を聞き、「お兄ちゃんの作曲を生かそう」と書きとめていた曲のCD化を提案した。入院から十数日目。希さんに「願い事を書いてみて」と言われた旭さんは手帳につづった。「自分の作った曲をなにかに役立てたい」。それまで「苦しい」「気持ちが悪い」など闘病のつらさが並んでいた手帳に、初めて前向きな言葉が書き込まれた。

 旭さんは、富士山や丹沢山系を望む神奈川県南西部の大井町で育った。家に希さんのピアノがあり、よちよち歩きの頃から鍵盤に精いっぱい指を伸ばして弾こうとしていたという。ピアノのふたが閉まっていると「開けて」とせがみ、3歳でピアノ教室に通い始めると、大人用の椅子に座って「本当にいつまでも弾いていました」と希さんは言う。楽譜をまねて画用紙に音符をお絵描きし、譜面にある音符が実際にどんな音なのか、鍵盤のどこをたたけばその音が出てくるのかをすぐに理解した。

 「旭の中で音楽が流れていて、それを楽譜で表現している」。希さんは、はっきりと感じた日を覚えている。

 4歳5カ月の時だった。旭さんに「あめあめふったふった」というタイトルと音符を書き込んだ楽譜を見せられ、「弾いてみて。ファはシャープにしてね」と言われた。希さんが弾くとト長調の曲になった。「旭が弾いてほしかったのと同じメロディー?」と聞くと、満面の笑みで「うん」とうなずいた。ファを半音上げれば、たしかに「雨がふってきたようなかわいらしいメロディーになって、楽しくなりました」と希さんは振り返る。

 「雪のけっしょう」「雨にぬれたなのはな」「きれいな夕やけ」……。頭の中に流れるメロディーをただ書きとめるだけという曲は、ゆったりと流れるような感じだったり、高音で速いテンポだったり、低音で暗く寂しい雰囲気だったり、高音と低音が入り交じって最後は和音で完結したりと変化に富む。自然に囲まれた大井町で、きれいな景色を見たとき、妹と遊んで楽しかったとき、珍しい動物を見たとき。日常の驚きや感動から旋律がわき出たことを感じさせる。

 旭さんに作曲の手法を教えた人はいないが、夢や希望を与えた音楽家はいた。旭さんは6歳から9歳まで、東京交響楽団などが主催する「こども定期演奏会」のテーマ曲に自作曲を応募した。「こども定期」はポスターに使うイラストから、テーマ曲、ソリストまでの全てを子どもから募集する参加型の演奏会。日本を代表する指揮者の一人、大友直人さん(57)も力を注いだ本格的なクラシックのプロジェクトだ。

 旭さんは6歳の時の「たのしいようちえん」、9歳の時の「おもちゃの兵隊」がテーマ曲に選ばれ、両曲とも作・編曲家の長山善洋さんがオーケストラ用に編曲し、サントリーホールで大友さんの指揮で演奏された。「自分が選ばれて、大友さんが指揮をしてくれたこと、本当にうれしかった」。旭さんの曲を聴いた音楽家たちが驚くのは質の高さはもちろん、ひらめきの量だ。「頭に浮かんだメロディーをいつでも書けるように五線譜を持ち歩いていた」と話し、メロディーが浮かぶと、ご飯も忘れて夢中で書きとめた。

 でも、受験勉強を始めた小学校高学年から作曲をしなくなり、中学に入ってからは勉強や部活動に夢中で作曲に心が向かなくなった。放射線治療を終えて退院した昨春、自宅療養中の旭さんに理由を尋ねると、「全然浮かんでこないんです。『作曲の力』って小さい頃で止まったのかな」と淡々と答えた。その頃は旭さんの視力が失われていった時期でもある。視界に入るものがゆがみだし、白が緑やオレンジといった全く違う色に見え始め、徐々に光を感じなくなっていたという。食欲も減退して体重が10キロ落ちた。妹の提案したCDが完成したのも同じ頃、退院から約1カ月半がたった昨年5月だった。

一筋の希望持ち続けて

昨年5月、三谷さんからCDを受け取る旭さん(右)=神奈川県鎌倉市で、小出洋平撮影
昨年5月、三谷さんからCDを受け取る旭さん(右)=神奈川県鎌倉市で、小出洋平撮影

 CD制作に尽力したのは、中学入学後からピアノを教えてくれた昭和音大准教授、三谷温(みたにおん)さん(56)だ。家族が手紙で旭さんの状態を伝え、CD化について相談すると、三谷さんは即座に演奏と録音を引き受けてくれた。

 5〜10歳の27作品を収めたCDのタイトルは「光のこうしん」。昨年5月、三谷さんから旭さんへの贈呈式も開かれたが、旭さんは可動式のベッドに横たわったまま、ほとんど上体を起こせなかった。「CDは病気や障害がある小さな子どもの家族に聴いてもらいたいです。それで、どうなるか分かりませんが」と慎重な言い方もした。「幼少時に遊びで作った曲」をCDに収める価値があるのか、人の役に立てるのか。旭さんの言葉からは、そんな不安が伝わってきた。

 ところが、大きな反響があった。「希望を持ちながら病気と闘う子どもたちの顔が目に浮かぶ」「身内にいる重度身障者の子に響いてほしいのでCDを買いたい」「悪性腫瘍の手術をした小学生の娘に聴かせたい」。三谷さんが代表理事を務める音楽活動団体「アーツスプレッド」などにファクスやメールが次々と寄せられた。旭さんは家族に言ったという。「こういうことのためにCDを出したんだ。自分の知らない人が曲を聴いてくれて、音楽でつながっていくことがうれしい」

 再び音楽に心を向けると、旭さんの体調は上向き始め、家族と一緒に食事ができるようにもなった。CDには児童文学作家、中川李枝子さん(80)の「くじらぐも」をモチーフにした曲も収録され、合唱用の楽譜が発刊された。昨年8月に記念の会が催された時、旭さんは上体を起こして参加者の合唱を聴き、友人と握手したり、談笑したりした。自宅では毎日、キーボードに触れるようになり、音楽を奏でる楽しさを思い出していった。

 こうした日々に、断片的な旋律が頭に浮かぶ瞬間があった。はっきりと形を現したのは8月の終わり。猛暑が途切れ、ひんやりとした空気を感じた朝、旭さんはベッドにいた。切ないメロディーが頭の中に流れた。視力をほぼ失って五線譜に記せないため、メロディーをキーボードで弾き、指の動きを希さんが動画撮影して記録した。後に、キーボードで弾いた音をパソコン上で音符に変換できるソフトを見つけ、今はこのソフトを使い、旭さんがパソコンとケーブルでつないだキーボードで音を取り、希さんが音の長さなど細部を整えて楽譜にしている。

 取り戻した「作曲の力」は、闘病生活のつらさと不安、それに押し流されまいとする意志の強さと結びついているのだろうか。昨年10月6日、旭さんが「朝ご飯がおいしくて幸せ」と言い、明るく1日が始まったその日の夜だった。希さんが「おやすみ」と声をかけようとすると、ベッドの旭さんが右腕で顔を覆った。日ごろから頭痛を警戒していた希さんが「痛い?」と尋ねると首を振り、「つらい?」と聞くとうなずいた。「どこが?」。旭さんは顔を覆ったまま、左手を拳にして胸をトントンとたたいて言った。

 「視覚障害者としての覚悟ができたと言ったけれど、そんなものはできていなかった。明るい世界が恋しい。光のある世界への憧れを捨てきれない。お母さんの顔だって見たい」

 とめどなく涙がこぼれ落ちたその時、新たなメロディーが生まれた。既に浮かんでいた短調の旋律から、明るい長調へ橋渡しをする部分だ。旭さんは携帯端末の画面上を8方向にスライドさせて文字を入力するアプリを使い、転調部分を端末上に夢中で記録し、翌朝から希さんと楽譜の入力作業に取りかかった。ベッドからキーボードの前に移動して座り、一音ずつ弾いて音を確かめ、何度もパソコン上で再生しながら推敲(すいこう)する。普段は30分も座っていると下半身に痛みが出るのに、2時間続いても平気だった。

 5日後、3分を超す曲の楽譜が完成した。「暗闇から一筋の光が見えてきたようなイメージ」で、曲のタイトルを「A ray of light」、邦題を「一筋の希望」とした。「僕と同じような方が曲を聴いた時、暗いところから明るいところに向かってほしいと思った」

 翌11月には、東京・銀座のヤマハホールでCDの収録曲がオーケストラ演奏された。「こども定期」の縁で旭さんを知る指揮者の大友さんと三谷さんらによる企画だ。若手の作曲家、熊倉優さん(23)が曲をアレンジしてバイオリン、ピアノ、弦楽オーケストラのための合奏曲にまとめ、三谷さんがピアノ、大友さんが指揮を務めた。「一層、音楽の世界に引き込まれました」。公演後、作曲家として正装し、ほほ笑みながら話す旭さんを、大友さんと三谷さんは温かく見守っていた。旭さんを往診している医師、関谷恭介さん(40)は言う。「オーケストラの演奏にキラキラ目を輝かせて耳を傾けているのを見て、音楽が今の旭君にとってかけがえのないもの、不可欠なものだと感じました」

 「今年は、いろいろなことがあったが、たくさんの方々に支えていただき、どれだけ苦しいことでも乗り切ることができた。これからも、目の前に立ちはだかるどれだけ高い壁にもめげず、一歩一歩でもいいので、前へ進んでいきたい」

 昨年の大みそか。日記帳代わりにしている携帯端末に旭さんはそう記した。年明けの1月2日にけいれん発作を起こして意識を失い、自宅近くの総合病院に運ばれた。その後も5回のけいれん発作で入退院を繰り返したが、今は自宅療養に戻り、再びキーボードに向かっている。

 旭さんは、闘病中の子どもたちへの祈りをCD制作に込めたという。「病気の子どもたちも何かをしたいという気持ちを持っていると思う。周りの人にも、子どもたちが何をしたいのか、何ができるかを考えてもらえるとうれしい」。やりたいことを実現できたら、病気の子も寂しくないかもしれない。自分にとっての作曲のように。


# by hata_28ych | 2016-05-14 20:39 | 中学入試 | Comments(0)

山手の丘をゆく

ここを降りると白滝不動の前に出ます。
懐かしい風景。
右側がなくなってるけど…
d0075741_13070728.jpeg
d0075741_13073532.jpeg
ザビセンもこの季節は癒しです。
d0075741_13080055.jpeg
ついでにうまのはく
d0075741_13083170.jpeg

# by hata_28ych | 2016-04-30 20:06 | Comments(0)

新幹線

d0075741_03525613.jpeg
d0075741_03532158.jpeg


# by hata_28ych | 2016-04-29 03:46 | Comments(0)

夜桜

d0075741_21373581.jpeg
d0075741_21375583.jpeg
d0075741_21394645.jpeg
d0075741_21400731.jpeg
d0075741_21403304.jpeg
d0075741_03384014.jpeg
d0075741_03391863.jpeg
d0075741_03394270.jpeg
d0075741_03401755.jpeg
d0075741_03410841.jpeg
d0075741_03412899.jpeg
d0075741_03420638.jpeg
d0075741_03422995.jpeg
d0075741_03431550.jpeg
d0075741_03441406.jpeg
d0075741_03451097.jpeg
d0075741_03452967.jpeg
d0075741_03460049.jpeg
d0075741_03462332.jpeg

# by hata_28ych | 2016-04-29 03:37 | 心の旅 | Comments(0)

東戸塚

給油東戸塚の西武の隣にあるダイエーがイオンに変わったらしく…

衣類を買おうと行ったもののサイズがなく、ちょっとゲームで遊んだりして…時間も遅くなってしまったので

4階の中華料理屋「歓迎」
かた焼きそばと高菜チャーハンを注文しました。
サービスも抜群ですごくよかったです!
d0075741_22304806.jpeg

# by hata_28ych | 2016-03-31 22:30 | らーめん | Comments(0)

京急台湾トレイン

こんな名前かどうかはよくわかりませんが、台湾の電車とのコラボ?の車両に出会いました。
鉄道は、まったく興味なかったのですが、すっかり京急のとりこです^_^
d0075741_17061760.jpeg
d0075741_17063479.jpeg

# by hata_28ych | 2016-03-31 17:05 | Comments(0)

春ですね〜

梅がきれい!!
来年は、梅林に行きたいなぁから
d0075741_04151691.jpeg
d0075741_04162627.jpeg

# by hata_28ych | 2016-02-14 04:15 | 日常 | Comments(0)

梁山泊

能見台の梁山泊行ってきました。
お客さん2人しかいないのに、注文商品がでてくるまで15分以上。
普通のラーメン注文しただけなのに。。。
出てきたラーメンは、ノビノビでマズイの一言。・゜・(ノД`)・゜・。

なんなんだろ?
d0075741_13165383.jpeg

# by hata_28ych | 2016-02-08 13:13 | らーめん | Comments(0)

京急 ラブトレイン に遭遇

何!?
このハートマークの電車は!!
調べたら京急ラブトレインだそうです!
2/14までの限定列車。

ハートのつり革もハートのシートもバッチリありました。ただし、こちらに出会える可能性は低いのだとか!

ラッキーです!
d0075741_16283395.jpeg
d0075741_16285007.jpeg
d0075741_16290768.jpeg
d0075741_16292132.jpeg
d0075741_16295056.jpeg
d0075741_16300258.jpeg
d0075741_17393335.jpeg
d0075741_17501875.jpeg

 ハートの吊り革は、握り手を白い輪っかではなく赤いハート型に置き換えたもので、遭遇率は0.002%とかなり低いです。「相合席」は2席ずつ向かい合った4席のボックスシートで、シートの模様が赤い水玉の代わりにハートになっています。こちらも遭遇率は0.01%とごくわずか。いずれも出会えたら家族や友人に日ごろの感謝を伝えてみようと京急電鉄は提案しています。

# by hata_28ych | 2016-02-06 16:27 | 鉄道 | Comments(1)

文武両道

素敵な記事だったので引用転載させていただきます。


|東大に
|行くかもしれない
|少年ゴルファー

文武両道、まっとう中の少年に会いに行きました。
がむしゃらに、というよりわりとナチュラルにやってのけている印象。「子どもが勉強嫌いで」と悩んでおられるお母さん方に、ひとつの例としてレポートしますね。
彼は先ごろ神奈川県アマの準決勝で69を出してメダリストにもなり、和歌山国体に向けた関東ブロック大会の神奈川代表にも選出されました。井上達希くん、高校1年生。有数の進学校である聖光学院に中学から通っています。進学校……ふつうは内情もわからないですよね。
まず学校を訪ねると、10年前から友人だったかのような人懐こさの校長が出迎えてくれました。ゴルフ部はありません。しかしゴルフの試合に出かける達希くんを公欠扱いにするなど、校長裁量による支援体制があるようです。

――進学校の生徒は、ひたすら勉強しなくて大丈夫なんですか?

校長: いや彼は成績いいですよ。スポーツと勉強の間で、時間の使い方をちゃんと工夫するものです。お、来た来た、達希!

――あれ、校長先生とそういう仲?

井上: はい、よく話しに来ています。
校長: そうだよな、たまにゴルフの話もするし。

――ふうん……校長、先ほどの答をもう少し。

校長: 人口が多かった昔は、スポーツをやる子、勉強する子に分かれていましたよね。しかし今の子は、いろんなタレント性を磨くべきです。本人がゴルフやりたいって言うんだから、じゃあ頑張れよ、と。学校としては中高6年を通じて自分の資質を見極めるよう指導して高3で方向性を決めてもらう。少子化で若年人口が少なくなっているのですが、多角的に能力を発揮する人材が育たないと、日本の将来はないのです。勉強もうまくやっているだろ、達希!? 中3のときは学年で15位くらいのときもあったよね。

井上: それはいいときかな。でも学年成績で上位5分の1くらいに入ることを心がけています。ゴルフの試合が多い1学期はやはり勉強に割ける時間が少なくてちょっと大変ですが、2、3学期はまた頑張ります。やることは3つくらいしかないじゃないですか。ゴルフ、勉強、友達と遊ぶ。ゴルフは移動時間も長いので、そこで英単語を覚えるとか、なんとか足りるようにしています。高校になって宿題が増えたので、すぐ夜になっちゃうんですよね、それが最近の悩みです。遊ぶ時間は減っています。

――ゴルフの練習はいつやっているんだろうか。

井上: 週3回くらい学校の帰りに行ってますよ。

――ホントにそれで、双方高水準な成績にできるもの? 目指す大学もあるんですよね?

校長: 予備校的な授業ではなく、トータルで学力がついていくんですね。学年で150位くらいまでは東大に入れますから、大丈夫ですよ(笑)。

やや別世界な会話の途中ですが、続きは次回。まだゴルフ上達の話も聞いてない。今わかっているのは、達希くんは決してゴルフの申し子のような少年ではなかったいうこと。


文武両道少年 2

|サッカーボールを
|蹴ると転んでいた子が
|国体の県代表へ?

進学校に通うゴルフ少年は、高校を卒業するころ、いったいどうなっているのでしょう。校長先生からは、今の成績を維持すれば問題なく東大、といった発言も! 和歌山国体に向けたブロック大会神奈川代表という実力者・井上達希くん(高1)の話の続きです。

――学力が高い子の群れの中で、学力が上がるはずの授業に食いついていけば、高い学力がキープされる、そういうことなのかなと想像してみました。合ってますか?

校長: それもあるし、勉強もゴルフも、どう吸収すべきかを本人が俯瞰して戦略的にやっているんじゃないですか? ゴルフはどうやっているんだ、達希?

井上: 体が弱い自分が力ではなく真っ直ぐ飛ばすには、っていうところから入っています。

――さすが、理路整然としていそう。

井上: サッカーボールを蹴ると転んでしまう子だったんですよ、ボク。テニスはまだマシ、野球のバットで打つのはまぁまぁ、という中、ゴルフを始めました。でも体の芯が弱いからダウンスウィングで体が右に倒れちゃう。

――ジュニアゴルファーによくある形のスウィングですね。

井上: はい。でもこの癖は逆手にとればいいと考えました。倒れすぎないよう気をつければ、ちょうどいいアッパー気味のインパクトになってボールが飛ぶぞ、って。これは成功していると思います。そしていつの間にか、左手の甲を張る形のインパクトが身につきました。クラブのロフトが立ってスピンが減り、もっと飛距離が出ます。この2つの個性を育てているところです。

校長: まぁ指導者がいいんだろうね。

そう、井上達希くんは、プロゴルファーのコーチも務める井上透氏の息子。そりゃ特殊環境じゃないかと思うかもしれないが、下調べしたところ英才教育は特になし。ただ間違ったスウィングを覚えることがない環境はあったと言えます。

――当の父親は、「勉強する頭でスウィングを作っちゃった」と、むしろ感心していました。。

井上: 個性に合ったスウィングが大事とは聞かされてきました。トラックマンでチェックしてもらう機会もあります。必要に応じて質問したり。

校長: なかなか頼もしいね。他の部活の生徒より余計に休んでいるくらいだけど、承認している甲斐もある(笑)。

井上: あと、週末はいつも家族4人で千葉にゴルフに行っています。ただ回って遊んで帰ってくるんですけど。

――毎週、家族で小旅行って感じ? 生活の中にゴルフがフツーにあるわけね。そういう環境であれこれ構想を練ってきた、と。

井上: はい、楽しくやってます、ゴルフ。

――父親として井上透さんなかなかやるな! と思いました、今。


# by hata_28ych | 2016-01-30 10:56 | 中学入試 | Comments(0)

偶然に…@上大岡

信号機がすべて消えた瞬間が撮れました^_^
d0075741_15542430.jpeg

# by hata_28ych | 2016-01-27 15:54 | 日常 | Comments(0)

佐野金@上大岡

kamamakura kaidou
Kとdの文字が長〜い(笑)
d0075741_15344623.jpeg
佐野金本店
上大岡には本店と支店2店あります。
支店のほうのチャーシューはバラ肉ではないのでパサパサ。パサパサが好きな方は支店へ、バラ肉が好きな方は本店がオススメ。
金沢文庫にも佐野金があったけど、まだあるのかな?
d0075741_15352889.jpeg
こちらはお昼のランチ。
ラーメン定食850円。

さっぱりなスープにちぢれ麺。
ネギとスープの相性
スープとチャーシューの相性が抜群。
あっさり味が好きな人にはいいかも?

餃子は、もっちりしっかりな皮ににんにくたっぷりな具!食べ応え満点です!

普通のラーメンが600円で餃子が300円?だったかな?
2つ頼むと900円。チャーシュー麺は900円だったかな?
量的には多いかな、と感じましたが、お得感に誘われてラーメン定食にしちゃいました(笑)
ランチってホントお得!!
d0075741_15354530.jpeg

# by hata_28ych | 2016-01-27 15:34 | らーめん | Comments(0)

個別郵送でのサイン依頼についてのお願い

選手の負担、ファンレター数の増加、平等に対応できない………


確かにそうだけど、遠方のファンの人には、辛いよね…ハマスタでは、エキサイティングシートくらいしか最近はもらえないし…内野指定も高い席しかグランドに寄れない。

以前のようにオフの選手イベント(サイン会など)も全然ないし。。。これも、観客動員数が増えてファンが増加したからなのか?

遠方や子どもたちのことを考えるととても残念な気がします。


最近、このようにTTMをやりません、という球団が増えてきたような…


以下引用

日頃は、横浜DeNAベイスターズへの多大なるご声援をいただき、誠にありがとうございます。

現在、ファンの皆さまから、球団事務所や横浜スタジアム、キャンプ地、各地宿泊先に選手や監督・スタッフに対して、サインの依頼を個別郵送いただく場合がございます。

横浜DeNAベイスターズは、選手のコンディションや練習・試合準備の時間の確保などに考慮しながら、ファンの皆さまと対面させていただくことができる場所では可能な限りファンサービスに対して積極的に取り組むようにいたしておりますが、ご郵送いただく形でのサイン依頼の数が非常に増加しており、すべての方々のご依頼に対して平等に対応することが困難な状況です。

そのため、球団として今後は「ご送付頂いた色紙・グッズ等へのサイン対応やご返信」は行わない方針とさせていただきますので、ご理解いただけますようお願い申し上げます。

なお、ご送付頂いた色紙・グッズ等の返却は行いませんので、ご了承ください。

遠方にお住まいの方など、様々な事情で直接スタジアムなどにご来場いただけないファンの方も多くいらっしゃるかとは存じておりますが、ファンの皆さまには現状をご理解いただき、ご協力くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。


# by hata_28ych | 2016-01-26 22:11 | プロ野球 | Comments(0)

ダメ元で

「選手直筆サイン入り卓上カレンダー」を抽選で10名様にプレゼント!
d0075741_21553054.jpeg
11月27日(金)の入団会見当日に書いた「新入団選手の直筆サイン色紙」を抽選で10名様にプレゼント!
d0075741_21553861.jpeg

に応募してみました。
なかなか倍率高くて当たらないんだけど…
ダメ元で…

以前、新人のサイン色紙が当たったと思ったら、OBのサイン色紙だったということが…まあ、当たったんだから感謝しなくちゃだけど…(>_<)

当たるといいな〜ほし

# by hata_28ych | 2016-01-23 21:55 | Comments(0)

尾木ゼミ生もバス事故の犠牲に 教授、声震わせる

 14人の命が奪われたスキーツアーのバスの転落事故。長野県軽井沢町中央公民館近くに設けられた臨時の遺体安置所には15日午後、犠牲者の遺体を納めたひつぎが、次々と運び込まれた。遺体の確認に訪れた遺族らは警察関係者に先導され、険しい表情で安置所に入った。中からは、遺族とみられる女性の「ワーッ」という叫び声が響いた。

 ツアーには、法政大キャリアデザイン学部教授で教育評論家の尾木直樹さん(69)のゼミに所属する3、4年生計10人も参加していた。亡くなった3年生の西原季輝(としき)さん(21)=千葉県市川市=は、3月上旬に予定されているゼミの同窓会の幹事役を務めていたという。

 尾木さんは「みんな明るく、とても仲良し。先日も『スノボに行く!』と喜んでいたので、楽しんでおいでと声をかけたのに。こんなことになるなんて……」と声を震わせた。

 同じゼミでは林晃孝さん(22)=川崎市=も犠牲になった。小学校の同級生で同じサッカーチームに所属していた大学生の男性(22)は「すごく優しい人だった。すごい悲しいです」。

 亡くなった東京農工大1年の小嶋亮太さん(19)=東京都小金井市=は昨年まで埼玉県立不動岡高校のラグビー部で活躍。同大でもラグビーを続けていた。

 「ぼく、小学生のとき、ラグビースクールに通っていたんです。もう一度、高校でラグビーをやりたくて入部しました」。不動岡高ラグビー部顧問の藤間禎(とうまただし)教諭(47)は、小学生の時のジャージーを手に、部にやってきた小嶋さんとの最初の会話を覚えている。

 地道に密集に飛び込んでいくスタイルでチームに貢献した。「彼のラグビーは真面目な人柄そのもの。本当に残念です」と藤間教諭は言葉を振り絞った。

 亡くなった大谷陸人(おおやりくと)さん(19)=東京都杉並区=も小嶋さんと同じ東京農工大のラグビー部員。近所の女性(47)は「はっきりとあいさつする好青年。ニュースを知って、まさかと驚いた」。

 早稲田大では4年の阿部真理絵さん(22)と田端勇登さん(22)らが犠牲になった。阿部さんの父親は15日夜、さいたま市大宮区の自宅マンション前で「本当に明るくて、希望の会社に就職が決まって、配属がどこになるかというのがもうすぐ来るという状況で。非常に楽しみにしていた。本当に信じられない」と目を赤くして語った。

 東京都渋谷区の田端さんの自宅では、遺体を迎えにいった家族が号泣しながら帰宅。親戚の男性によると、田端さんも4月から金融機関への就職が決まっていたという。この親戚は「この前、自分の引っ越しを手伝ってくれて仲良くなったばかりなのに」と目頭を押さえながら話した。
# by hata_28ych | 2016-01-16 00:08 | Comments(0)

平成28年度帰国生入試

今年も帰国生入試が始まりましたね。今年は、126名の出願がありました。進学実績の向上とともに、年々出願者数も増加傾向にあります。

今は東大何名!
とかいう時代になってしまいましたが、一昔前は、そういった雰囲気はなく、学校の雰囲気もだいぶ昔とは変わってしまいました。

しかし、昔にはない先進的な取り組みもまた今の学校の魅力になっていると思います!

来年度は、59期、赤学年の入学ですね!
もうすぐ60期生の入学だなんて、つい最近50期が入学卒業したような気になっていましたが、時は確実に流れています。

中3は、今日から志賀高原でのスキーに出かけております。
d0075741_21570565.jpeg

# by hata_28ych | 2016-01-09 21:45 | 中学入試 | Comments(0)

青学大・神野大地ら「彼女いる?」にYES


 箱根駅伝で2連覇を達成した青学大の駅伝メンバーが4日午前、日本テレビ系の情報番組「PON!」に生出演し、素顔の生トークを披露した。

 青学大のメンバーは「最強ランナーズ」として全区間を走った10人と原晋監督(48)らが出演。

 ぶっちゃけトークで「正直彼女がいる」という質問には5区を走った「山の神」神野大地もYESと答えた。

 スタジオのタレントからは「そんなこと言っちゃっていいの?」と心配の声も上がったが、原監督は「全部知っていますから」とハッピーな余裕の笑み。「ハッピーな気持ちで来年も連覇を狙います」と話していた。

 


# by hata_28ych | 2016-01-04 20:23 | Comments(0)

マラソン挑戦、引退… 箱根わかせたランナー、次の一歩

d0075741_20244095.jpeg
 青学大の“完全優勝”で幕を閉じた今年の箱根駅伝。選手たちの次のステップは、すぐに始まる。

 青学大の主将で5区を走り、「山の神」と呼ばれた神野大地は「もう大学生活は終わりなので、社会人になってマラソンで五輪を目指したい」と優勝会見で語った。実業団の強豪、コニカミノルタへの入社が決まっており、15日には東京都内の寮に入る予定だ。かつて山の神と呼ばれた東洋大出身の柏原竜二(富士通)や順大出身の今井正人(トヨタ自動車九州)と同じように、数年かけてマラソンに移行する。

 箱根を目指しながら、そこにとどまらず世界を意識する選手が増えてきたのが最近の傾向だ。リオデジャネイロ五輪イヤーの今年は、学生のうちからマラソンに挑戦する選手が例年になく多い。

 2月の東京マラソンには、青学大から5人がエントリーする予定だ。箱根でエースが集う2区を務めた一色恭志は初の42・195キロに挑む。「マラソンにむけて、箱根が終わっても気を抜かずにいく。自分としては、まずはしっかり休んで、次の練習をつんでいきたい」。10区の渡辺利典は「青山学院でゴールテープを切ったのを誇りに思って、東京マラソンを走りたい」と話した。
# by hata_28ych | 2016-01-04 20:19 | Comments(0)

日本航空高校

今年、一発目は日本航空高校に行ってきました。
d0075741_16484675.jpeg
学校から少し離れたところに学校の看板と飛行機があります。
d0075741_16491056.jpeg
こちらが正門。
d0075741_16493037.jpeg
d0075741_16495054.jpeg
d0075741_16500834.jpeg
こちらは、通用門。
d0075741_16504122.jpeg
d0075741_16505249.jpeg
d0075741_16510607.jpeg
航空高校からの富士山!
d0075741_16512269.jpeg
d0075741_16515294.jpeg

# by hata_28ych | 2016-01-04 16:48 | 中学入試 | Comments(0)

山梨学院大・上田監督&健太 箱根初の父子鷹激走

<第92回箱根駅伝>◇2日◇往路◇東京-箱根(5区間107・5キロ)

 92回を数える箱根駅伝に、初めて「父子鷹」の歴史が刻まれた。往路4位で10年の同2位以来の好成績となった山梨学院大は、上田誠仁監督(56)の次男健太(2年)が3区で箱根デビュー。監督と選手という関係の「父子」出場は史上初めての快挙だった。運営管理車から飛ぶ父のゲキに背中を押され、健太は1時間4分13秒、区間7位の粘りの走りを見せた。

 健太の背中にヒタヒタと駒大の中谷が迫る。11キロ過ぎ。ついに中谷に抜かれた。健太は必死の形相で食らいつく。その時、運営管理車から上田監督の声が響いた。「昨年の悔しさは、ここで晴らすしかないんだ!」。

 前回大会で健太は1年ながら1区にエントリーされた。山梨学院大付高3年で13年の全国高校駅伝を制し即戦力として期待されての大学1年目だ。しかし、レース当日に「メンバーから外す」。当て馬だった。非情な監督の一面を見せる一方で、告げた顔には涙もあった。わが子を思いやる父の顔をのぞかせた。

 父子はその時の思いを忘れていなかった。かけられたゲキが、健太の背中を押した。1万メートルの自己ベストで、約30秒も上回る駒大の中谷と並走する。「ここで競い負けたら、前回、つらい思いをした意味がない」。残り約3キロで、健太が前に出た。最後は中谷ともつれるように4区にタスキをつないだ。3位を死守した。わずか1秒差だった。

 昨年とは違い、2人に涙はなかった。往路終了後、3区を走った健太は、大学の車が渋滞に巻き込まれ、ゴール地点への到着が大幅に遅れた。「車を降りて走ってこい!」。父が再び監督の顔をのぞかせ、健太は約2キロを走って宿舎に到着した。その健太を、今度は父の顔で迎えた。「まだまだだな」。そう話すと、肩を笑顔でたたいた。

 上田監督は順大で箱根を3回走り、2度の区間賞に輝いた。健太の祖父で、母秀子さんの父の秋山勉さん(75)は、東農大時代に4年連続で箱根を走っている。健太は、まさに箱根を走るために生まれてきた“血統書付きのサラブレッド”。そのDNAはしっかりと受け継がれている。

 それでも父子ともに感慨に浸ることはない。上田監督が1987年(昭62)に初めてチームを箱根へ導いてから30年目。「その年に親子で箱根に参加できたことは感謝している。ただ、まだ復路も残っている」。記念すべき区切りの年に目標とする総合3位以内を達成してこそ、初めて父子のタスキがつながる。

 ◆上田健太(うえだ・けんた)1995年(平7)7月5日、甲府市生まれ。甲府北中で陸上を始め、中3で全中1500メートルに優勝。山梨学院大付高に進学後は、3年で全国高校駅伝に優勝した。趣味は、父と同じく映画観賞。1万メートルの自己ベストは28分48秒92。家族は両親と兄、妹の5人家族。177センチ、55キロ。

 ◆上田誠仁(うえだ・まさひと)1959年(昭34)1月9日、香川県生まれ。尽誠学園高3年で高校総体5000メートル2位。順大進学後は、2~4年で山登りのスペシャリストとして5区を走り、2度の区間賞。順大卒業後に高校などの教師を経て、85年山梨学院大陸上部監督に就任。92年初の総合優勝、94、95年は連覇達成。

<スポーツ界の親子鷹>

 ◆野球 甲子園では東海大相模(神奈川)の原親子が有名。父貢氏が監督を務める同校の野球部に長男の辰徳(前巨人監督)が入部。1年夏から三塁のレギュラーポジションを獲得し甲子園に4回出場。プロ野球では巨人の長嶋茂雄、一茂親子、ヤクルトの野村克也、カツノリ親子。

 ◆サッカー 高校サッカー選手権では13年度大会で優勝した富山第一の大塚親子の例がある。父の一朗監督の下、次男の翔が主将を務め、首都圏開催となった76年度大会以降では初の父子鷹優勝を果たした。世界的にはイタリアのマルディーニ親子が有名。W杯98年大会でチェーザレ・マルディーニが監督、息子パウロが主将を務めた。

 ◆体操 世界選手権団体金メダルの加藤凌平は、父裕之氏が監督を務めるコナミスポーツクラブへ今春入社予定。父の指導を受け、リオデジャネイロ、東京五輪を目指す。
# by hata_28ych | 2016-01-02 12:59 | 日常 | Comments(0)

温泉&金のなる木

温泉行ってきました!
そして、見つけたのが金のなる木!

しかも、お花が咲いているという☆☆

なんかいいことありそう!!
d0075741_14132817.jpg
d0075741_14134914.jpg
d0075741_14142937.jpg
d0075741_14144112.jpg

# by hata_28ych | 2016-01-01 21:12 | 温泉 | Comments(0)

ベイスターズvs.カープ

d0075741_08322571.jpg
d0075741_08333708.jpg
d0075741_08342169.jpg
d0075741_08370737.jpg
d0075741_08373548.jpg
d0075741_08402100.jpg
d0075741_08381301.jpg
d0075741_08394310.jpg
d0075741_08405237.jpg
d0075741_08413020.jpg
d0075741_08421316.jpg
d0075741_08424930.jpg
d0075741_08440079.jpg
d0075741_08444351.jpg
d0075741_08450941.jpg
d0075741_08454426.jpg
d0075741_08465008.jpg
d0075741_08473908.jpg
d0075741_10581726.jpg
d0075741_10585991.jpg
d0075741_10593080.jpg
d0075741_11000394.jpg
d0075741_11002966.jpg

# by hata_28ych | 2015-12-23 08:31 | プロ野球 | Comments(0)

叙々苑ランチ

ランチでもないとなかなか食べられない叙々苑。
海老蔵さんブログを見ていて、どうしても一度叙々苑に行ってみたかったんですよね。

以前、麻布中に行ったときに、叙々苑に入っていく家族連れを見て、きっとお金持ちなんだろうなぁ~と思った思い出があります…(笑
d0075741_14110859.jpg

こちらが、S焼肉ランチのお肉~!!
d0075741_14342181.jpg

S焼肉ランチは
2,200円(税込)
ミックスキムチ、サラダ、ナムル、焼物[国産牛、エビ焼]、ライス、スープ、デザート、ドリンク

これだけ結構ボリュームあります!!
お肉は寄せ集めみたいですが、その上のAランチは3,300円、その上のBランチは4,500円なのでちょっとお昼に食べるには予算が…

お味は、おいしかったです★
d0075741_14343357.jpg
d0075741_14351144.jpg
d0075741_14353101.jpg
d0075741_14355425.jpg
d0075741_14361326.jpg
d0075741_14362875.jpg
d0075741_14365328.jpg

帰りに少しだけ高島屋に寄りました。高島屋もクリスマスムード一色!
d0075741_14370885.jpg
d0075741_14372030.jpg

# by hata_28ych | 2015-12-20 14:33 | 心の旅 | Comments(0)

∵*:.゜..゜.:*∵日々の出来事を綴るブログ。。。山手の丘から愛を込めて(*uωu*)∵*:.゜..゜.:*∵
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31